本格再現、生チョコとカフェラテ入、パピコ

本格再現、生チョコとカフェラテ入、パピコ

Description

ジプロックで簡単に、パピコのチョココーヒー味!パッケージに記載してある通り、生チョコ&カフェラテ入りで本格再現しました。

材料 (パピコ1本分(80ml))

牛乳
52cc
砂糖
9g
インスタントコーヒー
1g
チョコレート(クーベルダークチョコ)
2g
15cc

作り方

1

写真

鍋にお湯を沸かし火を止め、ジプロックにチョコ、生クリーム、インスタントコーヒー、砂糖、牛乳、水を入れて溶かします。

2

写真

湯煎でなく、電子レンジでもやってみました。水以外を入れて、電子レンジ(500W)で30秒かな。加熱し過ぎに注意!水後入

3

写真

チョコ溶けたら、チャックが閉まりを確認して、フリフリしてよく混ぜます。
☆泡が立つぐらいよく混ぜます。
カフェラテなので

4

そのまま、冷凍庫に入れて、凍らせます。
☆途中でモミモミして、カチカチに凍らないように、様子をみながら凍らせます。

5

☆強力な保冷剤の間に挟んで冷凍したら、1時間ぐらいでいい感じに、モミモミしてさらに1時間ぐらいでいい感じです。

6

写真

いい感じに凍ったら、モミモミして、さらにお好み焼きのヘラなどで片方に寄せて丸めて、角を切ると

7

写真

はい、パピコ風、チョココーヒー味の完成です。
☆パピコの様に、押し出しながら食べる事ができます。
名付けてパパパピコ

8

写真

ジプロック袋は、100均ダイソーのフリーザーバッグSサイズを推奨。厚さ70ミクロン(0.07mm)、耐熱温度は-20℃

9

写真

100均のジップバッグに移し替えてもいいです。こっちのがオシャレです。ただ、対冷温度が-10℃なので、漏れ等に注意して!

10

写真

こちらは、スプーンですくって食べましょう。

11

写真

パピコのパッケージ!生チョコ&カフェラテ
と記載があります。

12

写真

原材料、栄養成分も確認し考慮
無脂乳固形分5.7→5.72%
エネルギー87→88kcal 、たんぱく質1.7→2.0g

13

写真

脂質2.9→3.0g、炭水化物13.5→13.2g、食塩相当量0.06→0.1g
栄養価計算サイトから独自に計算!

14

栄養価計算サイトで独自に計算した結果、水を入れて調整してますが、濃いめが良い方は、水の量を調整して下さい。

15

写真

明治のクーベルダークチョコを使ってます。粒つぶなので、切らずに溶けやすい、業務スーパーで買えば安い1250円税抜き1kg

コツ・ポイント

※チョコレートと生クリームの、生チョコを入れているのがポイントです。
※カフェラテなので泡立てたミルクという事で、フリフリして泡立てるのがポイント
※ジプロック1つで出来るので、洗い物なし、材料に無駄なしです。
※多めに作っても大丈夫です。

このレシピの生い立ち

パピコ大好きなので、調べて手作りしてみました。皆さんのレシピではココアを使ってますが、パピコのパッケージには、生チョコと記載があるので、チョコと生クリームを使用し生チョコとし、さらにカフェラテなのでミルクを泡立てて、本格再現してみました。
レシピID : 6459500 公開日 : 20/09/25 更新日 : 20/09/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」