お一人様☆重ね寿司

お一人様☆重ね寿司

Description

クリスマスやひなまつり、お誕生日などのイベント用にぴったり♪飾りは子ども達にお任せ☆by富加町とみぱん

材料 (5人分)

2合
昆布
3cm角1枚
★砂糖
40g
★塩
5g
★酢
50g
3個
鮭フレーク
50g
小松菜
100g
スライスチーズ
2枚
スライスハム
2枚
ミニトマト
5個

作り方

1

写真

米は洗米して昆布と一緒に炊く。

2

★を混ぜ合わせ、合わせ酢を作る。

3

小松菜はゆでて細かく切り、水気をしっかり絞る。

4

写真

卵を溶いて、油をしいたフライパンで細かい炒り卵を作る。

5

写真

ミニトマトは半分は花型に、残りはスライス又は8つ切りにしておく。

6

炊けたご飯に②の合わせ酢を加え、切るように混ぜる。3つにわけ、それぞれに鮭・卵・小松菜を加え混ぜ3色の酢飯を作る。

7

写真

ラップをしいた型に⑥のご飯を卵→小松菜→鮭のような順でしっかり詰めていく。

8

写真

しっかり指で押したらひっくり返してご飯を出し、上にミニトマトやチーズなどで飾る。

コツ・ポイント

ポイントは型選び。ケーキのように上に飾りたい時は、小鉢のような底が少しフラットなものに。3色の層がきれいに見えるようにする場合は、紙コップや湯のみのような少し高さがあるものに詰めると、層が良く見えて華やかです。小松菜は葉の部分は細かく切って

このレシピの生い立ち

児童センターで子ども達と作った一品。湯のみのように中が見えない状態で詰めて、ひっくり返した時はドキドキわくわく♪大人は生ハムやお漬物(ガリなど)をバラのように飾るとGOOD!具の重ねる順番を変えるだけでも印象が変わります。
レシピID : 6499441 公開日 : 20/11/05 更新日 : 20/11/05

このレシピの作者

富加町は人口約5,700人、面積16.8k㎡の小さな町です。歴史・文化的資源が多く残り、現存する日本最古の半布里戸籍(はにゅうりこせき)ゆかりの地です。イチゴやカボチャなどの農業も盛んです。また、古代米を使用したおまんじゅうをモチーフとしたキャラクター『とみぱん』も大人気です!
https://www.town.tomika.gifu.jp

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」