ノルディック楓と紅葉(練り切り)

ノルディック楓と紅葉(練り切り)

Description

ノルディック調な楓と紅葉の練り切り(2種類)

材料 (12個分)

白豆
200g
砂糖
大匙2
水飴
大匙1
色粉(赤・黄・緑)
少々
こし餡(市販)
約240g
もちとり粉(コーンスターチ)
適量
ヨモギ餅材料
ヨモギ
50g
100g
砂糖
大匙1

作り方

1

写真

白豆はアクを取り茹でて柔らかくし、裏ごし。練った白玉粉に熱を加え、砂糖、水飴を足し練り合わせる。

2

写真

茹でたヨモギと餅粉、砂糖、少量の水をフードプロに掛け小さく丸め茹でる。→水分を取ってもちとり粉を薄く塗す。(12等分)

3

写真

1の白生地(1:2:3くらいに分けた)を黄(黄+赤極少)橙(赤多め+黄)渋い緑(緑多め+赤+黄)に色付け。(各12等分)

4

写真

(楓の場合)2のヨモギ餅の上に丸めた餡子を押さえて載せる。(紅葉の場合)ヨモギ餅を餡子で包み、更に緑の生地で四角く包む。

5

写真

(紅葉の場合)黄生地と橙生地を混ぜ合わせてグラデーションを付けてから鉄串で切り込みを入れて余分を取り除き、紅葉に成形。→

6

写真

葉の先を指で抓んで形を調える。※色を合わせる時はしっかり丸めないと後で割れる。

7

写真

(楓の場合)紅葉に成形した葉と葉の間に緑の生地を押し込んで埋めていく。表面を指で優しく撫でてつるつるにならす。

8

写真

→丸くカーブを付けて成形。鉄串で葉脈の筋を入れる。(厚みは薄め)

9

写真

楓は餅と餡子の上に被せるだけ。

10

写真

紅葉の方は4で四角く餅と餡子(1個約15g)を包んだ上に5で成形した紅葉を載せているだけです。

11

写真

紅葉の方も鉄串で葉脈の筋を入れる。(葉脈の入れ方を少し変えるだけで雰囲気の違った装いに)

12

写真

中はお餅で黒文字では切りづらいので、大福感覚で手で頂く。

コツ・ポイント

※12個分は多いのでレシピの半量で。
※工程1、白餡生地参照→レシピID : 6506593

このレシピの生い立ち

3年前に作っていたもの。
レシピID : 6512366 公開日 : 20/11/29 更新日 : 20/11/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」