梨湖の簡単時短健康!レモンサワー

梨湖の簡単時短健康!レモンサワー

Description

レンジにかけてすぐ氷砂糖が溶け12時間後にいただけるレモン酢とレモンマーマレード。お料理一年生でも作れます(*‘∀‘)

材料 (作りやすい量)

レモン
180gくらい
180gくらい
400ccくらい
iwakiやHARIOなどの耐熱ガラス容器
800ccの容量
まな板代わりの牛乳パック
ひとつ

作り方

1

レモンは皮にワックスがかかっているので、台所洗剤を付けて洗い、皮のネチネチを取り除く。水分はよく拭き取る。

2

耐熱ガラス容器に氷砂糖を入れる。牛乳パックを開いたのをまな板にするため用意する。

3

レモンを幅1~2mmくらいに輪切りする。耐熱ガラス容器にレモン汁ごと入れる。

4

耐熱ガラス容器に酢を注ぎ、フタをしないでレンジにかける。関西は600Wなので30秒。関東は500Wなので40秒加熱する。

5

レンジにかけた後、すぐには、氷砂糖は溶けませんが、レンジにかけると出来上がりが早いです。

6

レンジから取り出してからフタをする。そのまま部屋に置いておき、12時間後に出来上がり!

7

12時間後に出来上がると先生がおっしゃるのですが、そうしようとすると冬の時期は何度もレンジにかけないといけないようです。

8

出来上がったレモン酢は2倍~3倍の水や炭酸水で割って飲みます。紅茶や牛乳に加えても良いそうです。

9

浸けたレモンの輪切りはマーマレードに。砂糖かはちみつをレモンと同じ量を加えてレンジで加熱してください。

10

レンジにかけるときはラップはかけません。輪切りにしたレモン4センチ分に砂糖をかけてレンジで6分くらいでした。

11

レンジにかけるときはひとまわり大きな耐熱容器に入れてください。小さな容器では吹きこぼれます。

12

また、レンジにかけた後、飴になって固まってしまったら、レモン酢を多めにかけて砂糖を加え更にレンジに2分かけると良いです。

13

それから、レモンの苦味が気になる方は皮を取り除いてください。レモン酢を作る時に皮と実を切り分けておくといいですね。

14

でも、皮も酢に漬け込んでくださいね。皮にも大事な栄養があります。

15

でも、2〜3mmのレモンなら、そのまま食べるのが手っ取り早いですね。

コツ・ポイント

牛乳パックをまた板代わりにするとレモン汁ごと耐熱容器に入れられます。必ず耐熱ガラスを使ってください。iwakiやHARIOの耐熱ガラスが有名です。

このレシピの生い立ち

料理研究家の村上祥子先生のレシピをアレンジしました。
レシピID : 6613951 公開日 : 21/01/21 更新日 : 21/07/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」