【aff】打ち豆

【aff】打ち豆

Description

打ち豆は大豆を原料として、福井県をはじめとした北陸地方や東北地方で保存食として作られています。(農林水産省)

材料 (100g分)

青大豆
100g

作り方

1

写真

青大豆を洗い熱湯に浸す。
※浸す時間は豆の大きさなど状態により異なる。(写真は約8mmの青大豆で約20分浸けて戻した)

2

写真

皮がむけない程度に膨らんだら、木槌または金づちにサラシなどをまいて、トントンとつぶす。

3

つぶした打ち豆は風通しの良い所で1日程度乾燥させる。

コツ・ポイント

・コツは大豆を柔らかくし過ぎないこと。つぶした打ち豆は乾燥させるか、そのまま冷凍庫で保存もできます。味噌汁の具材、煮物、酢の物などに使われます。打ち豆は10分ほど煮ると柔らかくなります。
・大豆や黒大豆でも代用可能です。

このレシピの生い立ち

このレシピは農林水産省広報誌aff(あふ)2021年2月号に掲載されました。
https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/2102/spe1_01.html
レシピID : 6637309 公開日 : 21/02/08 更新日 : 21/02/08

このレシピの作者

農林水産省では、食料の安定供給、農山漁村や食品産業の振興など、多岐にわたる業務に取り組んでいます。公式キッチンでは、旬や話題の食材を使用したレシピや地方に伝わる郷土料理などを掲載していきます。皆さまの「食」に関する新たな発見に繋がれば幸いです。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
×
「いいね」を伝えるには
ログインが必要です
ログインする
0 いいね