迷子のしっとり焼き菓子

迷子のしっとり焼き菓子
甘味をややおさえ、ほんのりチーズの香りがたのしめる焼き菓子です。
型はなんでも好きなもので作ってみて下さい。写真は100円ショップのマドレーヌカップ(中)で作りました。
なぜ、「迷子」かはレシピの生い立ちをご覧下さいm(__)m

材料 (マドレーヌカップ10~14個)

薄力粉
250グラム
100グラム
90グラム
たまご
2個
牛乳
100CC
粉チーズ
10グラム

1

写真

マーガリンとグラニュー糖をあわせて白っぽくなるまで混ぜ







2

写真

たまごを溶いておき、【1】へ少しずつ混ぜる






3

写真

たまごを全部混ぜきった状態がこんなかんじ。






4

写真

粉→牛乳→粉の順に少しずつ混ぜていく。
最後が粉になるように





5

写真

牛乳を入れました





6

写真

最後の粉をまぜたら、粉チーズを振り入れ、かるくまぜる。





7

写真

型にいれて、200度のオーブンで20分程焼く。
出来上り欄にはマフィンカップで表示しましたが、パウンド型でつくって、スライスしてもまた違った雰囲気ですよ。




コツ・ポイント

マドレーヌカップ(中)で1個30グラムで計量すると膨らんでもカップの大きさを越えることが無いので、マドレーヌ袋にラッピングする際は加減して下さい。ぷっくりと可愛く作る場合は1個あたり40~45グラムがいい感じでした。

このレシピの生い立ち

クックパッド内にあったレシピをアレンジしたものですが、どなたのかわからなくなってしまい『迷子』なのです。。
レシピID : 66483 公開日 : 02/10/08 更新日 : 02/10/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
のりたま茶屋 2002年10月16日 09:51
10月12日に挙式と披露パーティ(立食)を行いました。(*^.^*)
実は、入籍は去年とっくに済ませていて、既に一緒に住んでいるのです。
私と夫は「結納無し、挙式無し、指輪のみ」という地味婚のつもりでした。(お金も無かったしね。)
・・・しかし、とある、友人の結婚式がとっても面白くて、楽しくて、こんな結婚式だったらしたいなあ。と思いました。
・・・でも結婚式ってなんのかんのとお金かかるじゃないですか?御祝儀で回収するとかいうけど、私たちの場合はすでに去年頂いているのです。
すると、偶然にも格安の挙式場を見つけたのです。
ぶっちゃけ、平日58000円で、新郎新婦衣装・美容・挙式料・写真ワンポーズ付き!!!
こりゃいける!と、思いましたね。
(列席者割り増しや、休日割り増しなどで、結果的には約80000円位でしたが。)
そして、その挙式場でパーティも出来るとのこと。多く見積もっても50万位でいける!!これなら、皆さんを完全御招待制にしてもいけるな!と思い、話をまとめていきました。すすめられるオプションはバンバン断って、(笑)挙式予算一覧表も作りました。(1年の間にすっかり主婦になりました。(笑))
招待した人たちは、返信はがきつきの仰々しい招待状も無く、電話で即『いく!いく!』と、行ってくれるような友人と、親戚、兄弟、姉妹たちへ私がパソコンでちまちま作った招待状と、地図のみ。
(これも、業者に頼むと言い値段がつくのよ!)
式次第は挙式場のものは安いので仕方ないのですがあまりにへぼかったので、これも手作り。披露宴でなく、立食のパーティなので、だれがだれだかわからん!と、親から凸(-_-;)クレームがつき、列席者御芳名表、親族紹介表なるものをまた、パソコンでちまちま作りました。
挙式自体は通常の人前式です。私たちだけのアレンジ(?)は、この挙式場のお話を伺った段階から当日の介添えまでしてくれたとってもカワイイ女の子に、両親への花束贈呈の後に彼女にもお花を差し上げました。(^○^)
泣かせてしまいました。(笑)
パーティは、司会なし、スピーチ無し、カラオケなし、とないない尽くしで最初の乾杯の音頭だけ、義弟にとってもらい、うちの夫をよく知っているだけに、『猪木で行きまーす。いーち、にー、さーん、ダー!!!乾杯っ!』で始まりました。(笑)
これで、
よくみ 2002年10月16日 20:41
わ~、改めておめでとうございますっ。
 
和やかな雰囲気が、文章を通じて伝わってきましたよ。
お二人でつくり上げた式&パーティ、無事にすんでよかったですね。
こういう感じだと、参加するほうも気軽でいいだろうし、印象に残るだろうなー。
なんせ、猪木だもん(笑)。

わたしもいつか(←いつだ?)結婚できたら、こんなあたたかなパーティにしたいな・・・。

わざわざ、ボードにお知らせしてくれてありがとうございます。
末永く、おしあわせに♪

P.S.介添えの方に花束なんて、のりたまさん、心のやさしい人なんですね。