栗の甘露煮=市販の物より甘くない=

栗の甘露煮=市販の物より甘くない=
クチナシの実を買わずに家にあったサフランで色付けをしました。色が鮮やかでなくても良いのならクチナシの実などは入れなくてもOKです。

材料 (500g分)

500g(正味)
砂糖
200g
50cc
ひとつまみ
クチナシの実
2つ
または
10から20本

1

栗に熱湯をかけておきます。皮がむきやすくなります。皮をむきます。

2

鍋に栗がかぶるくらいの水を入れ、サフランまたはクチナシの実(半分に割って)をキッチンペーパーに包んで入れ、20分程度やわらかくなるまでゆでます。沸騰させないように弱火アクを取りながらゆでます。やわらかくなったら栗を取り出します。

3

煮汁に砂糖、みりん、塩を入れてひと煮立ちさせ栗を戻し、五分程ゆでます。そのまま冷蔵庫に一晩おきます。

4

栗を取り出し汁を半分くらいになるまで焦がさないように煮詰めます。栗を加えてひと煮立ちすればできあがりです。

コツ・ポイント

栗に熱湯をかけて置いておくと鬼皮がむきやすくなります。栗の渋皮煮を作るときにも楽です。冷凍しておくと長持ちするようです。自然に解凍してから汁ごと温めます。

このレシピの生い立ち

実家から栗を大量にもらってそのままゆでても面倒くさがって食べないし甘露煮にしておいたらいろんなお菓子にも料理にも使えるので作りました。
レシピID : 67213 公開日 : 02/10/17 更新日 : 05/09/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」