緑茶で超フルーティ発泡タイプのコンブチャ

緑茶で超フルーティ発泡タイプのコンブチャ

Description

スーパーフードの緑茶と発酵のコラボで
手作りならではの健康食品ができました。

材料 (約2リットル)

オーガニック緑茶
お好みで(大3)
安全な水
約2リットル
砂糖
お好みで(130g~)
コンブチャマザー
1個

作り方

1

写真

スーパーフードの緑茶は『質』が重要。
放射能の問題もあるので主に九州の物を利用。

2

写真

砂糖を溶かす為に、適量な水を沸かし、砂糖を溶かす。

3

写真

我が家はこんな感じの砂糖を利用しています。可能ならオーガニックやココナッツジュガーなら最高。

4

写真

砂糖が溶けたら、水を好きなだけ鍋に足して、茶葉を入れて数時間。我が家は一晩放置。

5

写真

原液を入れる前に熱湯で消毒。寒い時期は温度差で瓶が割れるかもしれないので先にぬるめのお湯使用。

6

写真

コンブチャ原液は細かいものが入っているので、じょうごと目が細かいこんなものを使用して、瓶詰めする。なくても可。

7

写真

コンブチャ液を適量入れる。5センチ程。早く発酵させたければ多く入れれば良い。
流しの中ですると砂糖液を洗い流しやすい。

8

写真

こちらはコンブチャ原液。酸っぱい香りがあれば発酵完了している。精製糖を使用していないので、マザーが美しくない。

9

写真

発酵していない緑茶液を入れるので『金物』のこちらを使用。両方無印で購入。そして鍋から注ぐのは取っ手付き計量カップ使用。

10

写真

これくらいまで、砂糖液を入れる。
発泡するので、少なめが良い。
アルコールが合わない人は要注意!

11

写真

最後は、使ったコンブチャの量を、出来上がった緑茶液で補充する。

12

写真

発泡タイプの重要事項、ガス抜き。
様子が変わってきたら一日一回程度エア抜きをする。
甘み、発泡具合はお好みで。

13

写真

コンブチャはこの状態で放置でOK。空気の動く場所が良い。(戸棚などは✖)
酸味のある香りがしてきたらお酢の代用可。

14

写真

茶葉はノンカフェインでも出来ます。ただし発酵に時間がかかる。モリンガ、ルイボスなら最高。

15

写真

瓶はこの洗剤を使用してつけ置き。らっきょうを漬けた瓶でも匂いが取れる。

16

写真

つけ置き後は、これで洗っています。
つけ置きした液は、洗い桶に入れて、食器のつけ置きとして利用。

17

写真

甘さについて。発酵の過程で糖分は少なくなります。私はできるだけ糖分を避けているのでレシピの量まで減らしています。

18

写真

瓶はこちらを購入。口が細くて密閉できればOK。
ボルミオリ・ロッコ スイングボトル 500mlを使用

19

写真

こんな風に泡立ってきたら
飲み頃の目安。
毎日1度はエア抜き必要。
お好みで冷蔵庫に入れても良い。目安は1週間。

20

写真

甘い、発泡が少ない
→発酵不足
何故かハイビスカスティは発酵が凄く早い。そして美味。

21

マザーはドンドン増えます。
精製糖を使わない場合は、
美しくないので、
水道水で洗ってます。

22

マザーは酢抜きして、シロップ漬けにすれば、ナタデココ様。(ココナッツウォーターで作れば)

コツ・ポイント

緑茶は煮出すより水出しが甘みが引き立ち美味。茶葉によっては煮出しています。
ハーブティなどでも作れます。もちろん紅茶も美味。
発酵とアルコールは仲良し。
体質に合わない方や、お子様にはご注意ください。

このレシピの生い立ち

予防医学を学び、日本の発酵食品に
目覚めました。
そして世界で愛されているコンブチャと
日本のスーパーフードのコラボは
美味しくて最高です。
発酵食品は『自宅で作るもの』と
習いました。
クライアントさん向けに記録しています。
レシピID : 6750139 公開日 : 21/04/24 更新日 : 21/07/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」