コーヒーキャラメル生チョコの画像

Description

胃袋つかみすぎ注意!!ホロにがのコーヒーとキャラメルが美味しすぎる♡作り方もめちゃくちゃ簡単なので是非作ってみてね。

材料 (18㎝×18㎝スクエア型一台分)

グラニュー糖
50g
180g
コーヒーパウダー
5g
200g
50g
仕上げ用
5g
コーヒーパウダー
5g

作り方

  1. 1

    写真

    チョコレートは刻んでおく。

  2. 2

    写真

    グラニュー糖を鍋にふり入れて火にかける。

  3. 3

    写真

    鍋を傾けて少しずつ溶かしながら、溶けたところにグラニュー糖を追加して焦がしていく。途中絶対に混ぜないこと。

  4. 4

    写真

    砂糖が黒っぽくなり、大きくなった泡が消えた瞬間に、火を止めて生クリームを一度に加える。

  5. 5

    写真

    再び火にかけて、耐熱ゴムベラで混ぜながら生クリームで冷えて固まったキャラメルを溶かしていく。

  6. 6

    写真

    この時コーヒーパウダーを加えて、小さな泡立て器などで30秒ほどよく混ぜる。

  7. 7

    写真

    そのまま耐熱ゴムベラで混ぜながら、2/3~半分くらいになるまで煮詰める

  8. 8

    写真

    刻んだチョコレートと無塩バターが入ったボールに、7のキャラメルを入れて1分ほど混ぜずにそのまま待つ。

  9. 9

    写真

    チョコレートがじんわり溶けてきたら、ゴムベラで静かに混ぜて溶かす。

  10. 10

    写真

    クッキングシートを敷いた型に流し入れて、冷蔵庫で冷やし固める。

  11. 11

    写真

    しっかりと固まったら温めた包丁でカットする。包丁を温め直すときは必ずチョコレートをふき取ってから温めること。

  12. 12

    写真

    純ココアとコーヒーパウダーをふるってサラサラの状態にする。

  13. 13

    写真

    カットしたチョコレート全体に12のココアとコーヒーを振りかける。

  14. 14

    写真

    12のココアとコーヒーにカットしたチョコレートを入れてまぶしてもよい。冷凍庫で1か月ほど保存できる。

  15. 15

    写真

    詳しい作り方は動画で解説しています。

コツ・ポイント

コーヒーパウダーがない場合、6,12のコーヒーパウダーをそのまま抜いてOK。
その場合キャラメル生チョコになります。
チョコレートは板チョコのブラックでもOK。
クーベルチュールチョコレートを使う場合はカカオ分50~55%がおすすめです。

このレシピの生い立ち

Youtubeで人気のろくキッチンがクックパッドでレシピを紹介します。
今回はコーヒーキャラメル生チョコ。甘いチョコレートとキャラメルにコーヒーのほのかな酸味が加わった大人の味。胃袋わしづかみ間違いなし♡
バレンタインはこれで決まり!!
レシピID : 6865324 公開日 : 21/07/12 更新日 : 21/07/12

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

4 (4人)
写真
†ユウミ†
クッキーと合わせてチョコキャラメルサンドにしました!ツヤツヤで固さもちょうどよくて最高です!
写真
carrot♡
もう何回も作ってます。口溶けもよく、カフェリーヌの香りがたまりません。
写真
hime1031
カットしてからココアパウダーをまぶしました。めちゃくちゃ美味しいと好評!
初れぽ
写真
クボヒロ☆彡
バレンタイン用に作りました💕ちょっぴりほろ苦く仕上げに金粉をかけてみました。