絶品! 鮭の明太子風

絶品! 鮭の明太子風
明太子食べたさに作ったものが、予想以上の完成度。これは商品化できる味! 結構しょっぱ辛いので、食べ過ぎに注意!

材料 (作りやすい分量)

鮭(切り身)
2切れ
昆布
5cm
100cc
小さじ3/4
かつおだしの素
少々
 適宜

1

ボウルなどの器に鮭、昆布、韓国唐辛子、酒、塩、かつおだしの素を入れ、手で揉み込むように混ぜる。冷蔵庫にひと晩置いておく。

2

鍋に1を移し、昆布が浸るくらいの水を注いで火にかける。

3

かき混ぜながら鮭をほぐし、水分を飛ばすように煮詰めていく。

4

水分がほとんど飛んでしまったら火を止め、昆布を取り出し、細切りにする。

5

昆布と鮭を混ぜ合わせて完成。

コツ・ポイント

鮭は塩味のついていないものを使用。韓国唐辛子は粉末状のもので、日本の一味唐辛子よりも香り高く、辛味がまろやかという話。姉は昔、一味唐辛子で明太子を作ったことがあるので、一味でも代用できると思います。

このレシピの生い立ち

貧乏だから明太子に手が出なくて、どうにかして明太子もどきを作りたかった。結果、大成功! 夫の大絶賛を受けたのは、餃子以来のことだ。「これは絶対にパクられるよ。特許とか取れないのかなぁ。鮭フレークの会社に売るか?」とのこと。
レシピID : 69129 公開日 : 02/11/07 更新日 : 02/11/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
肴やの女将 2003年02月18日 12:30
むっどれさん

私、、、むちゃ好き。そんな人。(爆)えっと、私、たいがい間違われるのは、フィリピン人か、タイ人、あとは、メキシコ人、その後に中国人、ベトナム人、続いて、韓国人、んでもって、、、トンガ王国人(???)誰も日本人に見てくんない。(笑)

初めて韓国に行った時、、、空港を離れ、地下鉄をサガシてさ迷ってる私に、クッサーい、キムチ...えっとニンニク口臭のオッチャンから、道聞かれたっていう肴や。

あと、オリエンタルスーパーでどー見ても印度人のバチャンから、どの中国醤油が美味いのかって、聞かれた肴や。

あと、、、とどめは、ヤッパリオリエンタルスーパーで、ナンプラーってどれですか?って、すっかり店員と勘違いされ、日本人から英語で質問をうけた肴や。(泣)

むっどれさん。。。(ニヤリ)友達っ、、、呼んでいいですかぁ~???(ウヒヒヒヒ)


肴やの女将 2003年02月18日 12:42
あっ。。。すいません。
ここでお詫びと訂正です。

私の想像しているギニアピックって、
ペット用のハムスターっでなくって、食用の、えっと、、、(汗っ)巨大ねずみで、アフリカ等の地域で、大切なタンパク源とされているものと想像していた種類で、ペットショップに売られているような、、、私の大好きな友人が飼ってるのとは違うんですよ。(泣)

肴やの女将 2003年02月18日 12:44
またまたお詫びです。
ハムスターでなくて、モルモット...(泣)
もー、助けて下さいよ。
さちごはんさん。。。(号泣)

むっどれ 2003年02月18日 13:20
肴やさん、もうとっくにお友達のつもりでいたんですけれどぉ。。 よ、よろしくぅ!!

あのぅ、むっどれの場合、ちょっと気合い入れていてもダメかも(笑)。キレイにしてたらなおさら間違えられるかも(笑)。
さちごはん 2003年02月18日 17:23
zazamaruさん

商業英語、独特ですよね。私がやっていたのは貿易ではなく、漁船員の派遣と海外漁場の確保なんてものです…。相手がキリバス、モザンビーク、ソマリアなど、英語が第一言語ではない国で、しかもブリティッシュな英語だったので、わかりづらかったです。…でも、懐かしいや。

ナムロックさん

>わら半紙に剃られた、翻訳版

はは!(笑) 闇で流通させましょうか?

>ポールオースターが好きなあなた、きっとムラカミも気に入ると思います。

よく言われていますよね。でも、私の場合、村上春樹はピンと来ないです。あんまり読んでいないけど。

>Boiled Zucchini

これはですね、小説のラスト部分になりますが、年老いた両親それぞれのために主人公が2種作るのです。父親には唐辛子のきいたもの、母親にはバジルやチーズを使ったイタリアンっぽい味付けのものを。ぐちゃぐちゃっと潰しているので、高齢者向けな料理です。

>わざわざチリを燻製にしたりして、作ったりはできないし

小説の中で、材料が揃っていない環境で主人公が料理をした時、リキッドスモークをちょっと加えて誤魔化したようです(笑)。

肴やの女将さん

>「あの」有名翻訳家をご存知だなんて

ありゃ? 誰だかわかっちゃいました? 以前、池袋にあるジュンク堂って本屋のイベントでお話して、私がやっていた仕事が面白いと興味を持ってくださり、それをエッセイの巻末対談のネタに使っていただいたのです。それ以来、ごくごくたまに、挨拶やら文学関係の質問やら仕事の依頼やらでメールをやり取りしています。

>カツラの副業翻訳家への道

はは!(笑) 副業でなくても、在宅でできる仕事は良いなーと思っています。でも、副業はね、お金にならなくて、逆に時間が勿体無くて辛い。実は経験あり。

>何だ、、、食べれるんじゃないの。(爆)

やっぱり! だって読みながら、「あ、これは確か、女将さんが食べたことあるって書いていたなー」なんて思っていましたもん。

で、むっどれさんは中国人(はなびし草さんも)、女将さんはフィリピンに始まり、トンガまで幅広く間違えられた経験をお持ちなんですね! うちの姉もメキシコ人かジャマイカ人に間違われたことがあるそうです。私の場合は土地柄、中国人
ナムロック 2003年02月18日 18:48
>一番似ているといわれていた有名人はアイスランド人でした(笑)。

ビ○ーク?

私も、中国人/韓国人に間違われます。
日本人観光客に英語で道を聞かれます!

ふー。

>Boiled Zucchini
何か、御飯の入って無いお粥、って感じですかね。
さちごはん 2003年02月18日 19:06
>ビ○ーク?

正解! 最近は段々違ってきたなって思うんですけど、以前は、自分でも似ているなーって思っていましたよ(笑)。

>Boiled Zucchini
>何か、御飯の入って無いお粥、って感じですかね

なるほど、その方が何だかイメージ的に食べやすいですね。私はサルサって感じかなって思いました(笑)。
ナムロック 2003年02月18日 19:19
アイスランド人で有名といったらあの人しかいないですねえ。。。

ちなみに、私もいわれた事あるんです。↑

あと、藤○朋子さん。これはただ単に歯茎が出ているから。(泣)
ナムロック 2003年02月18日 19:31
あ、間違えました↑

中○朋子さんでした。
一字違いで大違い。。。。
さちごはん 2003年02月19日 07:52
お! ナムロックさんと私はビ○ーク仲間?(何で伏字?) 多分彼女は、髪の毛も瞳も濃い色で、童顔で華奢だし、ちょっとオリエンタルに見えないこともないってルックスなんですよね。

>中○朋子

今日は火曜日だ~! 火曜日はね、10時半から「ぶらり途中下車の旅」、11時40分から「北の国から」で、週で1番日本のテレビ番組が楽しみな曜日なんです。
1 2 3 4 5 次へ»