ミャンマー料理第3弾!ーー白身魚の団子カレー

白身の魚を団子にして、大目の油と唐辛子を使って煮込んだミャンマーカレーです。
今回はエソのすり身を使いましたが、白身の魚なら何でもかまいません。しっかり煮込むのがポイントです。

材料 (2人分)

魚のすり身
200g
玉ねぎ
1個
1/4カップ
小さじ2
少々

1

玉ねぎ1/2個を細かめのみじん切りにする。残りの1/2個は粗みじん切りにする。

2

魚のすり身に細かめにみじん切りにした玉ねぎ、にんにくのみじん切りをいれ粘りが出るまで、よく練る。

3

鍋に油をいれ、強火で熱し、②を一口大の団子にして入れる。焼き色がつく程度まで焼く。(中まで火が通ってなくても良い)

4

③の団子だけを鍋から取り出し、粗みじん切りの玉ねぎを唐辛子粉を入れる。

5

玉ねぎに火が通ったら、団子をいれ、水(分量外)をひたひたぐらいまでいれ、煮込む。

6

焦げ付かないように様子を見ながら、表面に油が浮いてくるまで煮込み、塩で味を調えて出来上がり。

7

油の多さが気になるかもしれませんが、この油のとろとろ感がミャンマー料理の特徴です。
嫌がらずに、一度くらい食べてみてはいかがでしょうか?

コツ・ポイント

辛いのが苦手の人は好みで調節してください。

このレシピの生い立ち

レシピID : 69478 公開日 : 02/11/10 更新日 : 02/11/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」