笹だんご

新潟県の特産でもある笹だんごです。

材料 (30個)

もち米の粉
5合
40g
さとう
50g
よもぎ
60g
70cc
あん
750g
100枚
すげ
30本

1

写真

笹を用意する。
生笹の場合はきれいに洗って水気を拭いておく。
乾燥した笹は熱湯の中に入れて戻しよく拭いておく。 

2

写真

乾燥よもぎは柔らかくなるまで茹で、ざるにあげ黒い水がでなくなるまで水にさらしておく。この時、水きりはしないでおく。
また、生よもぎはタンサン(重曹)を入れたお湯でよく茹で、あとは乾燥よもぎと同じように扱う。

3

もち米の粉・上新粉・砂糖を混ぜあわせる。(笹だんごのもとを使用の場合はここで。)
水でさらしたよもぎを絞らずに加え、周りの粉を混ぜ込みこねる。ある程度混ざったら中心部に少しずつ水を加えながら硬めの生地を作り、更に水を加え、耳たぶほどの堅さにこねあげる。

4

写真

表面が乾燥しないようにぬれ布巾をかけて冷蔵庫で一晩寝かせる。(ビニール袋に入れてもよい)

一晩寝かせた生地は硬くなっているのでまた水を加えて良くこね、耳たぶくらいの硬さに仕上げる。
このとき、生地につやが出るまで良くこねる。

5

写真

あんは1個約25gくらいになるよう丸めておく。

生地は1個30g程度にちぎって手の平でのばしあんを包み俵形にする。笹離れを良くするためにサラダオイルを手の平につけて表面に薄く塗ってもよい。

笹の葉3枚で全体を包みすげで
結う。

6

5個ずつに束ね、10個1組にしてあらかじめ熱して置いた蒸し器で蒸気があがってから15分から20分蒸す。

7

写真

蒸し上がったら、冷水を振りかけて吊し、放冷する。だんごの素を使わないと早く硬くなるので、硬くなったらもう一度蒸すと柔らかくなる。

コツ・ポイント

笹でくるみ、すげで縛る作業がちょっとむずかしいかなぁ・・・

このレシピの生い立ち

レシピID : 69508 公開日 : 02/11/11 更新日 : 02/11/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Profile 桃侍 2003年03月10日 16:38
はじめまして。
笹団子の作り方をご存知なんて、すごいですね~。
私も是非作って、みんなに食べてもらってみたいのですが、このお団子ってどれくらいで固くなっちゃいますか?
ぐりりん 2003年03月11日 20:49
こんにちは。笹だんごは結構日持ちします。
1週間ほど(常温で)もちます。
もし、硬くなってしまったらもう一回蒸しなおすとおいしく食べることができますし、たくさん作ってすぐに召し上がらない場合は冷凍保存もできます。
手間も暇もかかりますが、ぜひぜひ作って見てくださいね。また質問ありましたらお待ちしています。