パスカルの義母のポタへ・デ・ビヒリヤ

パスカルの義母のポタへ・デ・ビヒリヤ

Description

スペインのパスクアに精進料理として食されるPotaje de vigilia。バランスが良いのでこれだけで食事完結

材料 (6人分)

ひよこ豆(乾燥)
250g
バカリャウ(干し鱈の塩漬け)
200g
2個
パンを砕いたもの
100g
25g
じゃがいも(一口サイズに切る)
350g
ほうれん草又はふだん草(ざく切)
150g
パプリカ(粉)
小さじ1
ターメリック又はサフラン少々
小さじ1
酢(好みで)
適量

作り方

  1. 1

    前夜の準備 洗ったひよこ豆を2リットルの水に浸ける。 バカリャウを水に浸けて塩抜きをして、6当分に切る

  2. 2

    ひよこ豆を中火にかけて、煮立ってきたら弱火にして、柔らかくなるまで煮る。

  3. 3

    卵とパン粉、刻んだパセリ、松の実を混ぜる。俵形の団子にして、オリーブオイルを熱して両面こんがり焼く

  4. 4

    2の鍋に3、じゃがいも、ほうれん草、パプリカ、ターメリック、ローリエを加え、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る

  5. 5

    3で使ったオリーブオイルの残りに、にんにくを入れて、弱火にかけてじっくりきつね色にしてオイルごと2の鍋に加える

  6. 6

    サーブして好みで一人分小さじ1程度の酢を加えていただきます

コツ・ポイント

ほうれん草やふだん草は固い茎の部分まで使用する場合は小さく切る。ケールでもいい。

このレシピの生い立ち

スペイン人の義母が"離乳食にも応用できるから"と子育ててんてこまいのわたしに伝授してくれました。離乳食には、ガーリックオイルを入れる前に皿に取り分けます。材料を揃えるのがちょっと大変ですが、あとは簡単なので大鍋で煮てずっと食べてたり・・
レシピID : 6993806 公開日 : 21/10/26 更新日 : 21/10/26

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

1 (1人)
写真

2022年7月2日

初れぽ

2つのレシピをあわせて作り美味しかったです♡