鎌焼きもち ~エゴマバージョン~

鎌焼きもち ~エゴマバージョン~

Description

甘じょっぱいあんが懐かしい!

材料 (17個)

小麦粉(薄力粉)
500グラム
80グラム
エゴマパウダー
30グラム
エゴマの実
大さじ2
小さじ1
熱湯
600~650ミリリットル
クルミ(みそあん用)
50グラム
みそ(みそあん用)
39グラム

作り方

  1. 1

    クルミを触感が残る程度に粗く砕く。ボウルに黒砂糖を入れ、みそを加えよく練り混ぜ、なめらかになったらクルミを加えて混ぜる。

  2. 2

    冷蔵庫に入れ、みそあんを少し固める(2時間程度)。
    前日に用意しておいても良い(味がなじみ、なめらかになる)。

  3. 3

    エゴマの実は、熱したフライパンで2~3分、から炒りする。

  4. 4

    大きな鍋にたっぷりのお湯を沸騰させて準備しておく。(分量外)

  5. 5

    小麦粉ともち粉をふるいにかけボウルに入れ、エゴマパウダーとから炒りしたエゴマ、塩を加える。

  6. 6

    予備粉(生地がやわらか過ぎる時などに使用する)として50g程度粉を別の器に取り分けておく。

  7. 7

    5の粉に熱湯を少しずつ回しかけ、菜箸でかき混ぜた後、手のひらで押すよう、10回ほどさっとこねる。耳たぶくらいのかたさ。

  8. 8

    65gに生地をとりわけ、手のひらで直径8センチ程度の楕円形にする。

  9. 9

    中央に指2本分のくぼみをつけ、小さじ1程度のみそあんを入れ、2つ折りにし、半月型にする。みそあんが出ないように閉じる。

  10. 10

    沸騰している鍋のお湯に鎌焼きもちを入れて2分半程度ゆでる。

  11. 11

    8~10を繰り返し、17個ゆでる。お湯の温度が下がるので、一度に鍋に入れずに1個ずつ入れていく。

  12. 12

    鎌焼きもちが浮き上がるまでゆでたら、網じゃくし等で取り上げ、濡らしてかたく絞ったタオルを敷いたバットに並べ粗熱をとる。

  13. 13

    全部ゆで終わったら200度に温めたホットプレートで両面をうっすらと焦げ目がつくまで焼く。

コツ・ポイント

生地が固くなるので、こね過ぎない。ゆでた後に焼くことで香ばしさが増し、いたみにくくなります!
みそあんは、事前に作り冷蔵庫で寝かせることで味がなじみ、かたくなり包みやすい!
気温・温度により粉の様子が変わるので、お湯は加減しながら入れる。

このレシピの生い立ち

「岩手県食の匠のレシピ」。岩手県の遠野市農業委員会は、農業委員2名を講師に料理教室を開催。同市では遊休農地解消活動のPRとして、エゴマを栽培する。油以外にもエゴマを活用しようと、伝承されてきた郷土料理にエゴマの葉や実・粉にしたものを使った。
レシピID : 7035655 公開日 : 21/12/13 更新日 : 21/12/13

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

1 (1人)
写真

2022年5月8日

初れぽ

もちもちっとした食感にくるみ味噌あんがあまじょっぱくて美味しかったです

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね