グレービーソース(塊肉を焼くときに)

グレービーソース(塊肉を焼くときに)
塊肉をオーブンで焼く時に、肉に余熱が通るのを待つ間に是非!
敷いたくず野菜から、こんなに美味しいソースが出来ます。

材料 (4人分)

セロリ 葉の部分
最低1本分
セロリ 白い部分
あれば、1/2本分 薄切り
たまねぎの皮(茶色い部分)
最低1個分、なるべく沢山
にんじんの皮
なるべく約1本分(付け合せを作るときとっておく)あるだけずべて
その他野菜くず
あれば
半カップ~1カップ
あれば水の替わりに半量位
塊り肉(ローストビーフ、ローストポーク、ローストチキンなど)
最低200~300G (このソースのレシピではあくまでも脇役・・・)
塩コショウ
適宜(肉の下味、およびソースの調整)
適宜(味が薄いと感じた時)
水溶き片栗粉(とろみをつけたい時)
小さじ1+水小さじ2~3

1

オーブン用天板に、材料を敷いておく。(アルミホイルを使用すると後で楽)

2

肉(塊)を室温に戻し、塩コショウ(ハーブが好きならここで)した後、少しおき、フライパンで外側をソテー。

3

くず野菜の上に置きオーブンへ。
肉が200gなら最低180度(設定できるなら200~220度)で20~30分

4

肉の重さと時間の目安
500~600Gなら、200~220度で40分位。串を刺して10秒待ち、唇に当てて温かければOK

5

肉を焼いた後、(肉に)余熱が入るのを待つ間に、天板の上の肉汁、くず野菜すべてをこそぎ取り、鍋かフライパンへ移す。

6

水(半量位ワインでも)を加え煮出す。漢方やロイヤルミルクティ抽出の感覚。(写真参照)焦げやすいので側につく。

7

色が出たら、味見をし、塩コショウ、必要を感じれば、煮詰めたり、コンソメを少し加える。
ソースポットなどに濾して移す。

8

とろみを付けたい時は、濾した後、別の小ナベで水溶き片栗粉(もしくは小麦粉)少しを、ダマに気をつけながら加え火を通す。

9

スライス/解体したお肉に添える。
ゆで野菜、マッシュドポテト、ローストポテトにも良く合う。

コツ・ポイント

ソースの色は、野菜のこげ具合で決まります。 英国系スーパー等では、その為の「ブラウニング(茶色にする)ソース」も売っています。
色が薄い=コクが無いとも言えるので、フライパンでソテーしてしまうのも手です。
個人的にはセロリは必須

このレシピの生い立ち

欧米人が大好きなグレービーソース。
イギリス人の友人がローストビーフやクリスマスのターキー用に、カナダ人の友人かローストポーク用に作ってくれたものを、今、日本にいる自分なりにアレンジしました。 ローストチキンでも応用がききます。
レシピID : 704325 公開日 : 09/03/31 更新日 : 09/12/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Profile ThomasI 2008年12月29日 16:35
お勧めの肉は丸鶏、ポークのロース。ビーフももちろんですが、個人的にセロリの香りが合うのはチキン、次にポークのような気がします。その他、ハーブは、ローズマリーがお勧め。
肉の焼き方も、次回他レシピでアップ予定です。