♪シンプルに作る♪昔ながらの黒豆

♪シンプルに作る♪昔ながらの黒豆
祖母の代から代々伝わる、シンプルなレシピと行程を試行錯誤しながら現在に引き継ぎ、まさに『保温加熱ほっこり甘い煮豆』です。

材料

黒豆
300g
5〜6カップ
■調味料
砂糖
250g
醤油
40ml(大さじ2杯強)
大さじ1/2杯
小さじ1杯

1

写真

■調味料を含めた全ての材料を鍋に入れ一煮立ちさせる。

2

写真

火を弱火にして、灰汁が無くなるまで煮る。(5分程度)

3

写真

「保温」に設定した炊飯器に移し替える。このとき汁は全て入れず8時間おきの注ぎたし用に残しておく。(24時間程度)

4

写真

鍋に移し替えて、

5

写真

煮詰まりそうになって写真のようにプツプツとなったら「2」で残しておいた煮汁を足していく。(極弱火で100分程度)

6

写真

足し汁が無くなり煮詰まったら、火を止め、蓋をして30分程度蒸らして完成。

コツ・ポイント

「3」での炊飯器のお豆に煮汁を注ぎ足すタイミングは、お豆がむっくりお汁をすった7〜8時間おきに豆に煮汁がかぶる位。
「5」でのお豆に煮汁を注ぎ足すタイミングは、写真「5」の様に煮詰まった状態のだいたい20分おき位。

このレシピの生い立ち

祖母は練炭こたつで、母はストーブの上で、そして私は炊飯器で忙しい年の瀬のながら作業で放置して作る代々のレシピです。改良を繰り返してきたものの結局素朴な材料と&単純作業が黒豆・煮豆類の味はもちろん食感をも安定させると結論付けました。
レシピID : 706521 公開日 : 08/12/30 更新日 : 09/01/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」