嫁ぎ先の雑煮(覚書)

嫁ぎ先の雑煮(覚書)

Description

魚介の出汁に野菜いっぱいの雑煮

材料 (4人分)

ほうれん草
2把
百合根
1~2個
1パック
セリ
1把
かまぼこ
好みの量
ごぼう
1本
金時人参
1本
ブリ(あれば塩ブリ)
4切れ
丸餅
8個
醤油・みりん
適量

作り方

  1. 1

    ほうれん草…茹でて3cmに切る
    百合根…1片ずつに分けさっと茹でる
    セリ…3cmに切る
    かまぼこ…薄切り

  2. 2

    蛤と水を鍋に入れて火にかけ、蛤の口が開いたら火を止める
    蛤は取り出しておく
    出汁は使うのでそのまま

  3. 3

    ごぼうと金時人参は3cmの千切りにし、だし汁に醤油・みりんを入れて味を調え、煮る
    食べる少し前に百合根を加える

  4. 4

    ブリに塩をして焼く
    ※塩ブリの場合はそのまま焼く

  5. 5

    餅は湯またはレンジで柔らかくしておく

  6. 6

    器に餅を入れ、3を入れる
    2の蛤と茹で汁を加え、ほうれん草とセリ、ブリを乗せ、かまぼこを最後に乗せて出来上がり

コツ・ポイント

野菜や蛤に火を通しすぎない

このレシピの生い立ち

嫁ぎ先の今は亡き義父(岡山県北部出身)の指示で作り続けられてきた雑煮です。
年に1度しか作らない為、細かい所を忘れがちなので自分用の覚書。
レシピID : 707185 公開日 : 09/01/02 更新日 : 14/01/09

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

2 (2人)
写真

2021年1月2日

美味しかったです。レシピありがとうございます。

写真

2017年1月11日

初れぽ

蛤がいいお出汁になりますね。美味しくいただきました。

つくれぽありがとう(^^) 掲載が遅くなってごめんなさい!

コメントを書くには ログイン が必要です

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね