ぶり大根

ぶり大根
ぶりと大根を別々に煮ると、こってりのぶりとうまみをすった大根が美味しくて、高級感があります。レシピ2009/12/1変更

材料 (2人分)

ぶり
2切れ
大根
1/2本
1.5カップ
薄切り2~3枚
大さじ3
大さじ2.5
砂糖
大さじ2
大さじ1
*キンピラ用(ごま油・しょうゆ・みりん)
大さじ1/2・1・1

1

鍋に湯を沸騰させぶりを入れ、表面が白くなったらすぐ取り出し、冷水につける。(アラの場合は、血合いやうろこを洗い流す)

2

大根は皮を厚めに剥き厚さ2.5cm位の輪切りにする。面取りをして、片側に十文字の隠し包丁を入れる。

3

かぶる位の水で竹串が通るくらいまで(10分位)下茹でする。ぬか(米のとぎ汁)を加えると表面がしっとりなめらかになる。

4

鍋に生姜と水・酒・砂糖・醤油を入れ、沸騰したところにぶりを入れて落し蓋をして中火で煮る。

5

大根が竹串が通る位煮えたら、ひたひたの分量になるまで煮汁を捨て、ぶりを煮ている鍋の煮汁をおたま2杯位加え更に20分煮る。

6

ぶりの煮汁が少なくなったらみりんを加え、更に煮汁が無くなるまで煮たら器に取る。

7

ぶりを煮た鍋に大根を汁毎移して、更に10分煮る。

8

大根と一緒にぶりを器に盛り、ゆずの皮の千切りを添える。

9

写真

皮は、細切りにしてキンピラに。ごま油で炒めて、輪切りの唐辛子を加える。醤油とみりんを加え炒める。ごまと鰹節を振りかける。

コツ・ポイント

大根は葉に近い方が甘みが強く酢の物に向いていて、先の方は辛味が強く大根おろしなどに向いているそうです。ぶり大根は中間の部分が良いそうです。
いろんなレシピを混在させて、一部間違えていました。ごめんなさい。

このレシピの生い立ち

ぶり大根食べたいけど、あらって量が多いし、血合いを洗うのも大変だし切り身で作っちゃいました。
あはっ
レシピID : 707676 公開日 : 09/01/04 更新日 : 09/12/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」