プレーンシフォンケーキ

プレーンシフォンケーキ
プレーンシフォンには「水」がいいみたい。水分は相性があるのかもしれない。
まずは基本を守って作ってみよう。

材料 (17cmアルミ型 1個分)

卵 Lサイズ
3個
80g
サラダ油
大さじ4
薄力粉
80g
1g(小さじ1/5)
50cc
クリームオブタータ
付属のスプーンで2杯

1

写真

最初に材料を計量し、すべて準備しておく

2

まず、卵白をハンドミキサーで一気に泡立てたら、砂糖40gとクリームオブタータを3回に分けて加えながら泡だてる。

3

泡立てた卵白はボールごと冷蔵庫へ入れておく。

4

卵白を泡立てたハンドミキサーは洗わず卵黄泡だてに使います。
卵黄に40gの砂糖を加えて湯せんにかけて泡立てます。

5

卵黄が白っぽくなり、マヨネーズのような状態になったら、サラダ油を少しずつ加え、乳化させるよう泡だて続けます。

6

塩、水を少しずつ合わせていき、よく混ざったらふるった小麦粉を加えさらによく混ぜます。

7

バニラオイルを振りかけ、卵白の1/3量を合わせ、ハンドミキサーでよ~~く混ぜます。

8

ゴムベラに持ち替えて残りの卵白を何回かに分けて泡を消さないよう下からすくあげて、切るように手早く混ぜ合わせます。

9

型に一気に流し入れ中央の筒部分を押さえて軽くトントンと空気抜きをします。

10

天板を入れずに165℃に余熱したオーブンで40分焼く。
(天板ごと余熱しないで、冷たい天板に乗せて焼くこと)

11

オーブンから取り出したらすぐに逆さにし、お酒などのビンにさして冷ます。

12

粗熱が取れたら、ビニール袋で包んでおく。こうしておくと乾燥せずしっとりとしたシフォンケーキになる。

13

写真

うまく焼けたか分かる瞬間。
上手に出来れば、切る時に「じゅわんじゅわん」とします。

14

写真

好みでクリームをつけて
好きな食べ方で

15

クリームオブタータとは?

16

卵白をきめ細かく仕上げてくれる「魔法の粉」です。卵白の泡の安定を助けてくれる作用があり、卵黄を泡立てる間もへたりません。

17

コツ・ポイント

卵白は、4個分で作るのが基本ですが、うちのオーブンは小さくて高さがないので膨らみすぎて天井についてこげてしまうため卵白3個分で作っています。卵白3個分でも十分作れますし、卵黄が余って困ることもありません。自分のオーブンに合わせてネ。

このレシピの生い立ち

プレーンはなぜか失敗続き。実は、加える水分を「水」より「牛乳」の方がおいしいだろうと勝手にレシピを無視し、いつも牛乳に変えていました。あるとき、原点に戻り、「水」にしてみたところ成功!水の方がさらっとしている感じで、手ごたえが違いました。
レシピID : 712049 公開日 : 09/02/03 更新日 : 09/02/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」