がんの予防効果が高まるヘルシー野菜スープ

がんの予防効果が高まるヘルシー野菜スープの画像

Description

野菜を加熱すると、生で食べるより抗酸化力が大幅にアップ!
ジュースやスムージーよりも加熱した野菜スープが一番なんだとか。

材料 (4皿分)

1/2個(100g)
1/2本
1個(120g)
2株
50g(約1/4株)
オリーブオイル
小さじ2

作り方

  1. 1

    写真

    玉ねぎは皮を剥き、一口大に切る。
    にんじんは皮を剥かずに、いちょう切りにする。
    かぼちゃは種とワタを取り、一口大に。

  2. 2

    写真

    小松菜はざく切りにする。トマトはヘタを取り、ざく切りに。
    しめじは石づきを取りほぐす。

  3. 3

    写真

    鍋を熱して
    オリーブオイルを入れ、玉ねぎとにんじんを炒める。

  4. 4

    写真

    玉ねぎが透き通ったら、かぼちゃを入れ、少ししたら小松菜、トマト、しめじを入れて全体に油をまわす。

  5. 5

    写真

    水を注ぎ、吹きこぼれを防ぐ為、少しずらして蓋をする。

    出汁やスープにしてもいいですが、出来れば水のみで作ってね。

  6. 6

    写真

    沸騰直前に火を弱め、野菜が柔らかくなるまで20分ほど煮込む。

  7. 7

    がん予防効果を高めるためには・・・

    1.濃い緑の野菜を使う。

    ほうれん草、小松菜、ブロッコリーなど。

  8. 8

    2.油で炒める。

    βカロテンは油に溶けやすい脂溶性の食物繊維です。
    脂溶性物質は油と一緒に調理すると吸収率が、アップ!

  9. 9

    3. 汁も一緒に飲む。

    油は高度に精製された無色透明の油よりも、色が付いたものを使いましょう!

  10. 10

    おすすめの油はエクストラバージンオリーブオイル、ごま油、菜種油(焙煎)等です。

  11. 11

    写真

    取り分けて具材もスープもまるごといただきましょう。

コツ・ポイント

沸騰させ過ぎて吹きこぼすと、大切な抗酸化物質が流出してしまうので注意。

野菜に含まれる抗酸化物質、ビタミン類、水溶性の食物繊維の多くはスープに溶けだしています。

冷めたスープはミキサーやブレンダーで攪拌して、ポタージュにしても。

このレシピの生い立ち

知り合いの80歳を超える御夫妻が高齢者であるにもかかわらず、とってもお元気でした。
何か元気の秘訣は?と伺ったら、こちらを教えて下さいました。
奥様が胃がんになり、胃を全摘出。それを機に色々と調べたんだそうです。
レシピID : 7127349 公開日 : 22/03/01 更新日 : 22/03/01

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

8 (6人)
写真
runa10
ふんにゃんさん♬お野菜旨みたっぷりスープお気に入りです❣️今回は青梗菜入り👍かぼちゃの存在感が嬉しい〜私も黄トマトを植えましたよ🍅

runaさん♡野菜そのものだけで味わうレシピにリピして頂けて嬉しいです♡黄トマトを!?♡ それでトマトジュース作りますか?笑笑

写真
kpえもん♪
ふんにゃんさん、いつもいいね!をありがとうございます🥰最近は人参を意識して食べるようになりました🤩ヘルシースープで元気もらいます

kpえもん♪さん♡つくれぽありがとうございます! ウインナー入りで美味しそう〜♡野菜たっぷりスープはヘルシーですね!

写真
あっこ姉
具沢山でヘルシーですね🎵朝ごはんのスープに作り置きです。ごちそうさま
写真
runa10
舞茸入りでリピです😊野菜の旨みを堪能できるスープ改めて美味しさに感動です❣️トマトもう終わりですよね?貴重なジュースfwも有難う✨