唇カサ子解消!ヨーグルトメーカー甘い甘酒

唇カサ子解消!ヨーグルトメーカー甘い甘酒

Description

甘酒を飲み始めて唇の乾燥がなくなって、花粉症時期の肌荒れもなくなりました♪ 腐らせない保存方法も載せてます♫

材料 (1リットル分)

生の米こうじ
200g
炊いたお米(冷やご飯は温めたほうが発酵が進みやすい)
200g
水(甘酒の出来上がり量が1リットルになります)
500g
 

作り方

  1. 1

    写真

    米こうじ200g、炊いたご飯200g、水500gをヨーグルトメーカーに入れて軽く混ぜる。

  2. 2

    写真

    タイマーを夏場は55℃で8時間、冬場は60℃で10時間にセットしてスタートボタンを押す。終わったら出来上がり!

  3. 3

    ---------

  4. 4

    ☆ここからはミキサーやブレンダーを持っていて、もっと甘くしたい方にオススメの作り方(特別編)です♫

  5. 5

    写真

    ①米こうじ200gを水200gに浸して1時間ほどふやかしておく。

  6. 6

    ②ミキサーで軽く粒を潰しておく。(糀の粒を潰しておくことで発酵がしっかり進んでより甘くなります)

  7. 7

    写真

    ③炊いたご飯200g、水300gを加えて軽く混ぜる。出来上がりは全部で約1ℓです。

  8. 8

    ④ タイマーを夏場は55℃で8時間、冬場は60℃で10時間にセットしてスタートボタンを押す。甘みが足りなかったら延長する

  9. 9

    ※粒のままでも使えますが、わたしは飲みやすくミキサーで撹拌して滑らかにしています。

  10. 10

    写真

    《腐らせない保存方法》
    100均などの350ccのボトル3本に分ける。

  11. 11

    1本冷蔵庫、2本は冷凍庫で保存。
    冷凍庫分は、使うときに冷蔵庫に移せば自然解凍で使えます♪
    少量ずつなので腐らない!

  12. 12

    冷蔵庫保存は10日くらいが目安。
    そのまま飲むもok!砂糖がわりにお料理に!漬け込めばお肉も柔らかく!

  13. 13

    写真

    《おまけ》米こうじ、何でもokですが、わたしは手軽に業務スーパーの生の米糀(1kg約700円)を使ってます。

  14. 14

    写真

    こんな感じで売ってます。

コツ・ポイント

55℃〜60℃で8時間〜10時間で発酵して甘くなります。温度が高すぎると酵素が死んで酸っぱく、温度が低すぎると糖化が進みません。温度が成功の秘訣!

このレシピの生い立ち

わたしは毎朝、甘酒を牛乳で割ってホットミルクにして飲んでます。子どもも大好き!
善玉菌も増えました。
レシピID : 7137303 公開日 : 22/03/07 更新日 : 22/03/07

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

 
コメントを書くには ログイン が必要です