はらこめし

宮城県の郷土料理です。鮭といくらのご飯です。これを食べるともうふゆだなぁって感じです。

材料 (4人分ぐらい)

鮭(切り身)
3~4切れ
イクラ(醤油漬け)
好きなだけ
3~4合
適当
米を炊く分
醤油
適当
適当
適当

1

<出汁をつくる>
昆布で出汁をとります。これだけででもいいのですが、もし、鮭のあらがあれば、これも加えて出汁をとります。
(あらは取り出しておきます)
出汁には醤油・酒・塩・みりんで味をつけます(薄めの味の方がいいです)。

2

<鮭を煮る>
出汁で鮭の切り身を煮ます。
火がとおったら、出汁からあげておきます。
一部の出しを冷まして、イクラに浸しておきます。

3

<ご飯を炊く>
洗ったお米に、先の出汁を加え、通常のお米の水分量に調節して炊きます。
(もし味が薄すぎたら、適当に調節してください)

4

<鮭を混ぜる>
炊いている間に、鮭の身をほぐします。あまり細かくなくていいです。
これを炊き上がったご飯に混ぜ、数分蒸らします。

5

<食す>
ご飯を器に盛り、上から、好きなだけイクラをのせて出来上がりです。

コツ・ポイント

鮭のあらでだしが取れれば、GOODです。
(鮭の風味がよく出ますよ)

このレシピの生い立ち

地元の人に教えてもらいました。
レシピID : 71466 公開日 : 02/12/01 更新日 : 05/04/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」