▼家伝かん○や風?!▼ゆべしに挑戦!

▼家伝かん○や風?!▼ゆべしに挑戦!

Description

なかなか売ってない、でも沢山食べたい。
ええい、ならば作ってしまえ!(←物好き)
暗中模索の試作品第一号です。

材料 (作りやすい分量)

■ゆべし生地■
70g
ぬるま湯
80~90cc
★白ごま
小さじ2(約5g)
★くるみ
20g
醤油
小さじ2~3
■あんこ■(甘さ控え目)
さらしあん(粉末)
50g
砂糖
50g
小さじ1弱
ひとつまみ
100cc
■成形用打ち粉■
片栗粉 少々
■トッピング■
(あれば)ケシの実少々

作り方

1

<ゆべし生地>
★印の白ごまとくるみは、事前にミルサー(無ければすり鉢)でペースト状に練っておきます。

2

写真

耐熱ボウルにだんご粉(なければ上新粉)、上白糖を量ります。
ぬるま湯を少しずつ加えてコネコネします。

3

写真

手順1のごまくるみペースト、醤油を加えてさらにこねます。
醤油は、生地の色を見ながらお好みで加減して下さい。私は薄味。

4

ラップをかけ、電子レンジ600Wで2分加熱。
足りなければ10秒ずつ追加してください。
※金属製のボウルは不可!

5

写真

手を冷た~く冷やして、熱々の生地をコネコネします。伸ばしては畳む、の繰り返し。
!火傷にご注意!手のひら真っ赤です。

6

写真

太目の棒状にまとめて、ラップに包み休ませます(写真は細すぎました。もっとドーンと太く!)
直径7~8cm位?

7

<こしあん>
さらしあん、砂糖、片栗粉、塩を鍋に入れて木ベラで軽く混ぜます。水を加えて中火に掛けます。

8

よく練って、美味しそうなこしあんになればOK。ひどくボソボソするときは水溶き片栗粉を少量ずつ加えて様子を見てください。

9

<成形>
生地を8ミリ厚ぐらいの輪切りにします。
片栗粉を振ったメン棒か手で直径9cmほどの円形に伸ばします。

10

あんこをサクランボ~金柑ぐらいの大きさにちぎり、中央に乗せます。
フチの3方向から中央に向かって生地をたたみます。

11

写真

時計に例えると
①左上 10時から
②右上 2時から
③下  6時から
たたみ、皮の合わせ目をつまみ閉じます

12

写真

それらしく見えます?
そのままでも食べられますが、最後に蒸し器で軽く蒸すと更に美味しく頂けます。
ご苦労様でした!

コツ・ポイント

くるみごまペーストが隠し味です。あればケシの実を振ると更に本格的。
お嫌いな方は両方省いても構いません。アンコは市販のこしあんでも。
最後の蒸しは、電子レンジは使わない方が無難です。
チンしたら皮が膨れて無残な姿になりました。

このレシピの生い立ち

か○のやのゆべしが大好きなのですが、東北(福島)物産展がやって来ないと中々入手出来ず、
歯がゆい思いをしていました。 どうしても食べたくなって、自作を強行・・!
形はイマイチですが、味の雰囲気(笑)は近づいたのではと思っています。
レシピID : 714860 公開日 : 09/01/16 更新日 : 09/01/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

12/12/23

写真

無性に食べたくなって!美味しかったです!

serori33

11/10/31

写真

包み方下手だけど美味しかったです♪試作品第二弾も待ってます!

まな☆みん

掲載遅くなりゴメンナサイ!最近はもっぱら買って食べてます☆

09/05/22

First tsukurepo mark
写真

包み方違ってすみません。。もちもち柔らかくておいしかった✿

すいーとぴぃ

美味しそうな色つや!大福・柏餅型いいですね♪つくれぽ感謝です