私のお気に入り☆福神漬け☆

私のお気に入り☆福神漬け☆
カレーにはもちろん、酢めしとあわせて錦糸玉子をのせれば即席なのに美味しい五目寿司に♡もちろん白いご飯にもバッチリ♡

材料 (600mlのガラス瓶二つと小さい瓶一つ分。)

大根(あれば瓜)
1/2本(650g程度)
小さじ1
ブロッコリーの芯
1本分(150g程度)
蓮根
1本(200g程度)
小さじ1
人参
1本(180g程度)
胡瓜
2本(180g程度)
小さじ1
茄子
2本(175g程度)
小さじ1/2
大葉
10枚(5g程度)
小さじ1/4
漬けダレ
昆布
6g
干し椎茸
4個(20g程度)
土生姜
50g
梅干し
大3ケ(42g程度)
いり胡麻
大さじ3
1本
1カップ
1カップ
1カップ

1

下準備。
漬けダレ用以外の野菜は胡瓜と茄子以外は皮を剥きます。

2

下準備2。
鷹の爪はヘタをり、中の種を除く。干し椎茸、昆布は乾いた布で表面の汚れを拭き取る。梅干しは種を取りたたく。

3

下準備3。
土生姜は洗ってから丁寧に水気を拭き取り、皮ごと千切りにする。

4

大根は食べやすいサイズの銀杏切りにし、塩小さじ1を振りかけよく混ぜて丼などに入れふんわりラップします。

5

ブロッコリー、蓮根も食べやすい大きさに切り、塩小さじ1を振りかけよく混ぜて丼などに入れふんわりラップします。

6

写真

人参は銀杏切り、胡瓜は半分に切って種をスプーンで取り半月切りにし、塩小さじ1を振りかけ丼などに入れふんわりラップします。

7

茄子は半月に切り、水にさらしてアクを抜いた後、塩小さじ1/2を振りかけ丼などに入れ、ふんわりラップします。

8

大葉は千切りにし、小さじ1/4の塩と混ぜ皿などに入れ、ふんわりラップします。

9

写真

全部ラップするとこんな感じ。

10

写真

全ての丼を手順4~8の順番に重ねて、冷蔵庫に入れて一晩おきます。

11

保存用の容器は煮沸消毒し、よく乾かしておく。

12

写真

一晩経つと水分が抜けてこんな感じになります。

13

写真

全ての野菜を水で洗って、力一杯なるべく水分が抜けるように絞ります。

14

写真

下処理した干し椎茸はいしずきを取って手で適当にちぎり、昆布はキッチンバサミなどで細切りにする。

15

写真

手順14で下処理した漬けダレの材料、濃口醤油、蜂蜜、味醂、いり胡麻全てを鍋に入れて沸騰させる。

16

沸騰した鍋に手順13の野菜を入れ鍋の周りがフツフツと再び沸騰しかけたら、野菜は全て取り出し保存用容器に入れ蓋をしておく。

17

写真

野菜を取り除いた漬けダレが1/2程度になるまで焦げないように気をつけつつ煮る。

18

野菜の入った保存容器に漬けダレを一杯まで入れ、しっかりと蓋をして冷めるまで逆さにしておき、冷めたら冷蔵庫で保存する。

19

大根はどうしても独特の香りがします。歯ざわりや香りの面でも私は瓜の方が好き。また、あまり煮すぎると歯ざわりが失われます。

20

昆布を入れておくと、後々とてもねっとりしてきます。嫌いな方は漬けダレを作る時に大きいまま入れ沸騰したら取り除いて下さい。

21

写真

酢めしと福神漬け、錦糸玉子で即席五目寿司が出来ます。海苔ものせれば完璧。

22

漬けダレも残ったら、お魚を煮たり、鶏肉の照り焼きのタレにどうぞ♡

23

蜂蜜は砂糖に置き換え可。割と甘めの味付けだと思います。甘みの分量は加減してください。

コツ・ポイント

水をなるべく取り除くこと。特に仕上げの段階では保存容器などに水が付着していないか気をつける。水が入ると腐敗の原因になります。保存容器から取り出す時は水や唾液のついていない箸で取り出し、しっかりと蓋をして保存すれば冷蔵庫で2週間は持ちました。

このレシピの生い立ち

最近はありますが、国産野菜の福神漬けって中々みかけませんでした。だったら自分で作っちゃえ! ということで瓜が手に入った時に作ったのが最初です。
レシピID : 718772 公開日 : 09/01/22 更新日 : 09/02/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

11/05/15

First tsukurepo mark
写真

福神漬け…お弁当に☆ご飯とおいしくって…♡

ユーロン

わぁ!すごい。とっても美味しそうなつくれぽありがとう(^^♪