きんかんの照煮

きんかんの照煮
煮上げてから上下に押さえると形がお花のようでかわいらしく、種も取れるので食べやすいです。

材料

きんかん
大きめ10個
100ml
砂糖
50g

1

写真

きんかんは洗い、周りに切り目を縦に深く、10本ぐらい入れる。

2

写真

沸騰した湯できんかんをゆでて(2~3分位)、水にしばらくさらす

3

写真

鍋に2のきんかんを入れ、水と砂糖を加え、クッキングシートなどで落としぶたをして沸騰後10分位コトコト煮る。

4

3を煮汁ごと冷まし、冷えたら上下に押さえて種を取る。

コツ・ポイント

◎2で水にさらすのは1晩ぐらいが苦味やえぐ味がぬけてベストだと習いましたが、さらさなくてもあまり気にならなかったので私はあら熱が取れるくらいで3に入ります。◎汁はお湯で割って飲みます。

このレシピの生い立ち

学生時代の実習の遠い記憶を頼りに、自分で作りやすいように具体的で詳しい手順にしました。形がかわいらしく、種も取れて食べやすいのでおせちには必ず入れています。普通のおやつにも作ります。
レシピID : 720676 公開日 : 10/02/23 更新日 : 13/05/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」