岩牡蠣のサッと湯通し(殻の開け方付き)

岩牡蠣のサッと湯通し(殻の開け方付き)

Description

生食用の生牡蠣を軽く湯通しして食べるのが好きなので、同じように生食用の岩牡蠣もサッと湯通ししてみました。

材料

生食用・岩牡蠣
2個
 
※岩牡蠣の汚れを取る材料※
薄力粉
約大さじ1
約大さじ1

作り方

  1. 1

    写真

    岩牡蠣の下処理をする。
    (必ず生食用か確認して下さい。)
    作業する時は、厚手のゴム手袋や軍手を付けて作業して下さい。

  2. 2

    写真

    流水の下で、タワシ等でしっかり岩牡蠣全体を擦り洗いする。(岩牡蠣の殻を器代わりにする場合は、特に念入りに洗う。)

  3. 3

    写真

    屋外の頑丈な所に新聞紙を厚めに敷く。窪んだ面を下に、平らな面を上に、蝶番を手前にしておきハンマーで端から少しずつ叩く。

  4. 4

    写真

    画像のように隙間が見えるぐらいの所まで叩く。(私はへたっぴなのでいつも叩き過ぎてしまいますが‥。)

  5. 5

    写真

    岩牡蠣を流水で洗い、叩いた時に出た細かい殻を洗い流す。(あとでまた洗うので、この作業は省いてもOK。)

  6. 6

    写真

    岩牡蠣の窪んだ方の殻を下に、平らな方の殻を上に持ち、隙間に貝剥きナイフ等を差し込んで平らな方の貝柱を断ち切る。

  7. 7

    写真

    真牡蠣と違って岩牡蠣の貝柱はしっかりしているので、力を入れ過ぎてケガをしないように気をつけて下さい。

  8. 8

    写真

    貝柱を断ち切ったら貝剥きナイフを捻って隙間を広げ、両手で殻を引っ張って貝を開ける。(これも少し力が要ります。)

  9. 9

    写真

    平らな方の殻を取り除く。
    窪んだ方の殻側の貝柱を貝剥きナイフで断ち切る。(ハンマーで叩き過ぎて殻がだいぶ破壊してる‥。)

  10. 10

    写真

    流水でザッと洗い、剥いた時に出た細かい殻や汚れを洗い流す。

  11. 11

    写真

    真牡蠣と違って岩牡蠣は殻が厚く、捌くのに少し力が要ります。
    (コツさえ分かればへたっぴですが私でも何とか捌けます‥涙。)

  12. 12

    写真

    ボウルに岩牡蠣、薄力粉、水を入れ、汚れが出るまで軽く揉むようにして洗う。

  13. 13

    写真

    流水で水が澄むまで岩牡蠣を洗い、ザルにあげて水気をきっておく。

  14. 14

    写真

    鍋に湯を沸かし始める。
    沸騰したら、少しフツフツするぐらいの火加減にしておく。

  15. 15

    写真

    ボウルに氷水を用意しておく。

  16. 16

    写真

    湯が沸騰したら岩牡蠣を入れ、ヒダが軽く縮れる程度にサッと火を通す。
    (茹で過ぎてしまわないように。)

  17. 17

    写真

    岩牡蠣をすぐに氷水に浸して身を絞める。

  18. 18

    写真

    岩牡蠣の水気を軽くきり、キッチンペーパーで余分な水気を拭き取る。

  19. 19

    写真

    窪んだ殻を飾り用に使いたいので、殻に残った貝柱を貝剥きナイフで取り除く。

  20. 20

    写真

    岩牡蠣の殻を飾り用に使用する場合は、必ず殻も煮沸消毒してから使用して下さい。(3〜5分程度。)

  21. 21

    写真

    岩牡蠣の殻をしっかり冷ます。
    水気を軽くきっておく。

  22. 22

    写真

    殻に岩牡蠣を盛りつけてできあがり。
    お好みの薬味や醤油等で召し上がって下さい。

コツ・ポイント

岩牡蠣の殻でケガをしないように必ず軍手もしくは厚めのビニール手袋をしてから作業して下さい。
岩牡蠣の殻を器代わりにする場合は、殻を清潔なタワシ等で念入りに洗い、必ず煮沸消毒してから使って下さい。
お好みなので岩牡蠣は湯通ししなくても。

このレシピの生い立ち

岩牡蠣は、まずはお刺身で頂くのが1番!
サイズも大きく味がしっかりしているので、牡蠣フライもオススメです。
レシピID : 7213424 公開日 : 22/06/01 更新日 : 22/06/01

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート