苦くない、ゴーヤチャンプルの画像

Description

知人のゴーヤ苦手な人に作ってあげたら、食べれる様になったと喜んでいました。ダイエット食に最適、夜のおつまみの1品。

材料 (1人分)

ゴーヤ
1/4個
大さじ2
ウインナー
3本
豆腐
半丁
醤油
6滴
玉子
1個
塩コショウ
少々3振り程度

作り方

  1. 1

    写真

    ゴーヤを塩もみしたり、豆腐にキッチンペーパーを巻いてレンチンして水気を取ったりはしてないので、簡単です。

  2. 2

    写真

    ゴーヤの下処理、スプーンで種とワタを取ります。右側は取り方があまい、左側位、しっかり取ると苦さは半減します。

  3. 3

    写真

    大きいゴーヤを1/4使います。薄すぎず、暑すぎず、3mm幅に均等に切ります。適当に切ると火の入りにムラができます。

  4. 4

    写真

    多めの油で炒める事で、ゴーヤにしっかり火が入り、苦みが軽減されます。5分程度炒め、少し焦げ目をつけて、一旦火を止める。

  5. 5

    写真

    ウインナーを斜めスライスに切って、豆腐半丁を切って入れます。塩コショウ少々、創味シャンタンを小さじ1 醤油は香り付け程度

  6. 6

    写真

    6〜10滴入れます(たくさん入れると茶色くなって見栄えが悪く醤油味になる)
    軽く炒めて、味が全体にまわったら、ここで味見

  7. 7

    写真

    溶き卵を全体に回しかけて、ちょっとおいて、何度かフライパンを上下に振って、好みの炒め具合にしたら、完成です。

  8. 8

    写真

    食べる時は、スプーンで食べるのがおすすめです。ウインナーとゴーヤと豆腐をすくって食べると味がまとまります。

コツ・ポイント

最初にゴーヤのワタはスプーンでしっかり取ると苦味軽減します。肉でゴーヤチャンプルを作る場合、肉を炒めた後にゴーヤを入れるので、ゴーヤに火が通ってなくて、苦くなり、その場合は一旦肉を出して、肉の油でゴーヤをしっかり炒めると苦くなくなります。

このレシピの生い立ち

16時間ダイエットで、朝は食べず、お昼は普通に食べて、夜にビールとゴーヤチャンプルで、以外と満腹になります。お昼まではお腹はすきますが、その間に蓄えた物が消費するので、体重は落ちやすくなります。今も続けてて、体重は維持してます。お試しあれ。
レシピID : 7276083 公開日 : 22/08/07 更新日 : 22/08/12

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

5 (5人)
写真
なおみんちょる☆
白いゴーヤで作りました♪ソーセージじゃなくてスパムで。
写真
スコーン♡♡
ゴーヤを沢山貰い、嫌いだったけど作ってみたらハマりました。何度も作ってます☝️
写真
miyancat
まいたけを加えてボリュームアップ。