家族の歴史美作の雑煮13(西粟倉村I家)

家族の歴史美作の雑煮13(西粟倉村I家)

Description

夕方に神様、仏様に供えていた雑煮を引き上げ、再加熱して食べると、出汁に餅が溶け出して美味しくなる。

材料 (4人分)

丸餅
4〜8個
だし汁
●水
1L
●するめ
1/2枚
●かつお節
20g
●はまぐり
8個
醤油
大さじ2
ごぼう
80g
白ねぎ
1/2本
かまぼこ
8枚

作り方

  1. 1

    ごぼうをささがきにし、水にさらしてあくを抜いておく。

  2. 2

    鍋に水を入れ、切ったするめ、あく抜きしたごぼうを入れ煮立てる

  3. 3

    はまぐりを洗ってザルにあげる。

  4. 4

    ②にかつお節と、はまぐりを入れ、はまぐりの口が開くまで煮立て、取りだす。

  5. 5

    切った白ねぎを入れ、火を止め、醤油で味を調える。

  6. 6

    別鍋でゆでた餅の水を切り、⑤の鍋に入れて味を馴染ませる。

  7. 7

    器に餅、汁を入れ、かまぼこ、はまぐり
    をのせる。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

小さい頃ははまぐりが気持ち悪くて食べられなかった。

両親のルーツ
岡山県西粟倉村
レシピID : 7293458 公開日 : 22/08/26 更新日 : 22/08/27

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート