昭和レトロ給食*キーマカレー風蒸しパン

昭和レトロ給食*キーマカレー風蒸しパン
昭和後期の給食献立を再現。ノーファット生地ながらとってもふわふわもちもちで美味しかったのです。

材料 (小鉢5~6個分)

ミルク
大さじ3~
小さじ2 お好みで増減
ケチャップ
大さじ1と1/2 お好みで増減
塩 こしょう
塩 少量から小さじ3/5程度 こしょう少々
砂糖
小さじ1~2~多めに入れても美味しい
★ひき肉(牛、豚など)
90g~100g
★玉ねぎみじん切り
1/2個
★お好みの野菜
ピーマンなら1と1/2個
とろみをつける場合は、水溶き片栗粉やうるちヒエ粉)
少々
蒸しパンの皮
薄力粉(1~2回篩って)
160g
アルミフリーベーキングパウダー
小匙2
1個
ミルク
170g
砂糖
大さじ2
卵、ミルク無し蒸しパン生地
薄力粉
100g
小匙1
ひとつまみ
砂糖
20g~30g
85g

1

微塵切り野菜を炒めるか、レンジで入れ物に軽く蓋をして900~1000wで数分加熱。
タジン鍋が便利。

2

フライパンでひき肉を炒め、野菜と合わせる。調味料を入れる。ミルクで水っぽくなるので少々煮詰める

3

最後に味を整えて。
片栗粉またはひえ粉を少しのお水で溶き、回しかけて混ぜ、とろみをつける。

4

蒸しパンの皮を作る。材料を合わせ、泡立て器でさっくり混ぜる。(薄力粉はふるっておくとダマになりにくい。)

5

ココット皿や小鉢又は使い捨てのカップに蒸しパンの種を入れる。半分近く位まで流し入れ、その上に具を乗せる。

6

また種を上から流し入れ、具を包みこむ。
膨れるので、8分目位まで。

7

強火で15分蒸す。

8

さぁ温かい内に、召し上がれ。
でも、冷めてもそれなりの味わいが。
お残しした物を、放課後おやつに食べてるって感じ。

9

★★最近BPはドイツ産の有機BP(こだわりのベーキングパウダーという商品名)にしました。いつもの量の半分程度でOK。

コツ・ポイント

中の具は、このようにキーマカレー風でも、残り物のカレーに小麦粉少々で固さをつけたものでも。スパム、ソーセージ、サラミ、チョリソー、しゅうまい、肉まんや餃子の具、エビチリ、チリコンカン、あんとチェダーチーズ等も合います。

このレシピの生い立ち

昭和後期の給食だよりからのアレンジ。「適量」という書き方がだめだという事で
レシピが差し戻されましたので、考えて分量を書き足しての再UPです。
レシピID : 731964 公開日 : 09/04/06 更新日 : 14/01/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」