大地の味「じゃがいもの牛乳バター煮」

大地の味「じゃがいもの牛乳バター煮」
北あかりもおいしいけど、もっとすごいじゃがいもを発見!その名も「インカの目覚め」。アンデス原産で留寿都で栽培されたものです。すごく甘い栗味のじゃがいもです。それをホロっとなるまで牛乳とバターで煮ました。大地の恵みって、こういう味なんですねぇ・・・。

材料 (2人分)

じゃがいも
「インカの目覚め」5個
町村牛乳
適量
町村純バター
大2
天然塩
一つまみ
乾燥パセリ
適量

1

じゃがいもの皮をむき、小鍋に入れ、ひたひた程度に牛乳を入れます。沸騰したら火を弱め、バター・塩を入れて17~8分(じゃがいもの大きさによる。)煮込みます。

2

竹串がスッと通るようになるまで煮たら、器に盛りパセリを散らして出来上がりです。

コツ・ポイント

じゃがいもは手に入る無農薬のものを。牛乳はなるべく濃いもので。バターもおいしいものを使って下さい。煮崩れしずらい品種のじゃがいもを、やわらかくなるまで煮るのがポイントです。

このレシピの生い立ち

ススキノの料亭で食べたジャガイモの牛乳バター煮に感動して、作ってみました。インカの目覚めはまだ通販でもほとんど売られていません。でも、キロあたり800円のじゃがいもって・・・・。
レシピID : 73425 公開日 : 02/12/20 更新日 : 02/12/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」