初めて作ったおでんのレシピ

初めて作ったおでんのレシピ
気楽に作りましょう!下ごしらえがやや面倒ですが、それさえクリアすればあとは簡単。

材料 (直径24センチ、高さ20センチの鍋いっぱい)

ダシ用昆布
適量
ダシ用かつおぶし
適量
梅干(じゃがいもを入れる場合)
3~5個
ネギの青い部分
1本分
親指サイズを1
適量(うちは1.5リットルぐらい)
6個
大根
1本
串にささっていない牛すじ
400グラム前後
練り物
好みのものを適量
餅きんちゃく
適量
厚揚げ
1枚
糸こんにゃく(結んであるやつ)
1パック
ウィンナー
適量
骨つき鶏肉か豚の軟骨
適量
適量
適量
適量
砂糖
適量
辛子
適量
柚子胡椒
適量

1

鍋いっぱいに水を入れて出汁昆布を入れておく。2~3時間つけておく。

2

ゆでたまごを作って、練り物類を油抜き、こんにゃくを下茹で、じゃがいもの皮をむく。

3

大根を輪切りして、面取り隠し包丁をする。もしあれば米のとぎ汁で水から湯がく。なければお米を少し入れて湯がく。

4

竹串がすっと通ればOK。このあと冷ます。味をしみ込ませるのと煮崩れ予防のため時間があれば粗熱を取って冷蔵庫で冷やす。

5

牛筋は1度水から湯がく。沸騰したらお湯を捨てて水で洗う。

6

次はネギの青い部分と生姜を入れて茹でる。ある程度湯がければOK。これも水でアクなどをきれいに洗う。

7

豚の軟骨を使う場合は、牛スジの処理と同様にする。骨付き鶏肉はそのままでよい。

8

出汁昆布入りの鍋を火にかけて沸騰直前に昆布を取り出し、鰹節をたくさん入れる。酒、砂糖、みりん、塩、薄口醤油で味を決める。

9

いろんな具材を煮込むので出汁が出るので、濃さは関西風のうどんのつゆの濃さぐらいでOK。

10

他の鍋に作った出汁を半分移す。

11

じゃがいも、餅きんちゃく以外の具材を入れてじっくり煮込む。

12

時間はお好きなだけ、沸騰したら中火弱火にしてコトコト煮る。鍋の両端に菜箸を置いて、ふたをするといい。

13

ベースが蒸発していくので、別鍋の出汁を注ぎ足しながら煮る。

14

ちなみに最初に沸騰してから、中火30分、火を消して1時間放置、中火30分火を消して1時間放置~を繰り返すといいらしい。

15

食べる30分前に梅干、じゃがいも、餅きんちゃくを入れて煮込む。

16

辛子や柚子胡椒をつけていただきます。

コツ・ポイント

じゃがいもを入れる場合は、梅干を一緒に入れて煮込むと煮崩れを防ぐことが出来ます。あとは一度煮込んだら冷ますのを繰り返すを味がしみておいしさ倍増です。

このレシピの生い立ち

「おでんを作ったことない」というわたしに知人が事細かな注意書きまでつけてメールで教えてくれました。教えてもらったレシピ通りに2度ほど作ったらコツをつかめて、今はいろんな具で楽しむ余裕が出来ました。
レシピID : 734361 公開日 : 09/12/09 更新日 : 09/12/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」