ハヤトウリの冷菜。アク抜き&下処理も解説

ハヤトウリの冷菜。アク抜き&下処理も解説

Description

はやとうり(隼人瓜)を使った中国薬膳レシピを紹介します。アクの抜き方&下処理解説。糖質制限をされている方にもおすすめです

材料

ハヤトウリの下処理
ハヤトウリ
1個
ハヤトウリの温かい冷菜
ハヤトウリ
半分(皮剥き、千切り)
水(下茹用)
適量
塩(下茹用)
大さじ1/3位
大さじ2~3
山椒の実
小匙1/2位
醤油
大さじ1
少々

作り方

  1. 1

    写真

    【ハヤトウリの下処理】ハヤトウリを1個用意する。

  2. 2

    写真

    ハヤトウリの皮を剥く前に縦半分に切る。

  3. 3

    写真

    ハヤトウリの断面どうしを擦り合わる。白い泡がアク。泡が出てこなくなるまで1分位くるくる回す。

  4. 4

    写真

    アクを水でよく洗い流して種をスプーンで取り除く。

  5. 5

    写真

    ピーラーで皮を剥く。【ハヤトウリの下処理の完成】

  6. 6

    写真

    【ハヤトウリの温かい冷菜】ハヤトウリ半分を用意する。繊維に沿って薄切りにする。スライスは少しずつ並べて細く切っていく。

  7. 7

    写真

    ハヤトウリの千切りの完成。

  8. 8

    写真

    鍋に水を入れて沸騰させる。塩大匙1/3と油小匙1を入れる。

  9. 9

    写真

    ハヤトウリをお湯に入れて2分ほど茹でる。

  10. 10

    写真

    茹で上がったら水に入れてさらして、水けを良く絞っておく。

  11. 11

    写真

    中火にして鍋を熱したら、油大匙2~3を入れる。

  12. 12

    写真

    山椒の実小匙1/2位をいれて焼く。

  13. 13

    写真

    山椒が色づいて香りが出たら、火を止める。

  14. 14

    写真

    2分ほど置いてから、醤油大匙1を加えてタレの完成。

  15. 15

    写真

    (油が飛ぶので気をつけてください)

  16. 16

    写真

    タレを温かいうちにハヤトウリの入っているボウルに入れる。

  17. 17

    写真

    塩少々を加えてよく和える

  18. 18

    写真

    味見をして塩味を調整したら出来上がり。

  19. 19

    写真

    お皿に盛り付けて出来上がり。冷菜のイメージが強いけれど温野菜間隔で食べれる一品です。

コツ・ポイント

●アクを抜くため、半分に切り分けて、切った断面同士をくるくると回すようにこすり合わせたら、白い泡がどんどん出てきます。ハヤトウリの灰汁です
●難しい方はユーチューブ<【薬膳レシピ】ハヤトウリ、これは旨すぎ!>で検索すると詳細動画があります。

このレシピの生い立ち

中国ではその形が仏陀の手のようなので「佛手瓜」と呼ばれます。旬の時期ならば、安価で売られて、コスパの良い家計の味方でもあります。
今回は中国薬膳レシピの温かい冷菜の作り方を紹介します。冷菜のイメージが強いけれど温野菜間隔で食べれる一品です。
レシピID : 7351998 公開日 : 22/10/28 更新日 : 22/10/28

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート