鮭のグリル ジェノバペーストがけ

鮭のグリル ジェノバペーストがけ
秋から冬は、脂ののったサーモンが出回ります。
今回は、ジェノバペーストを使って、少し目先の違う食べ方をしてみました。

材料 (一品)

1/4 ~半身
A)白ワイン(または日本酒)
1カップ
A)レモン汁
1/2個分
A)月桂樹の葉
4~5枚
A)スライスたまねぎ
1/4 ~ 1/2 個分
A)タイム
少々(入れなくてもOK)
A)塩
小さじ1杯弱
A)粗びき黒胡椒
適量
J)バジルの葉
2カップ(詰める!)
J)オリーブオイル
1/4カップ
J)ニンニク
2かけ
J)粉末チーズ
大さじ1杯
J)松の実
大さじ1杯
J)塩胡椒
適宜

1

写真

鮭はきれいに洗い、水気を切った後、表面に深さ1cm程の切れ目を、適当に何筋か入れます。

2

写真

材料の中の、先頭にA)が付いた物をすべて混ぜ合わせ、軽く煮立てて冷まします。
その中に鮭を入れ、30分~2時間程、時々裏表を返しながらマリネします。

3

先頭にJ)が付いた材料を全部、ミキサーで混ぜ合わせ、ジェノバペーストを作ります。
この分量で、3/4カップ程のジェノバペーストができると思います。
量は好みで調整して下さい。
また、市販のジェノバペーストを使われても結構です。

4

写真

耐熱容器に薄くジェノバペーストを伸ばし、その上に、マリネ液から引き上げて、水気を切った鮭を乗せ、残りのジェノバペーストを、上にまんべんなく塗ります。

5

写真

予め熱したオーブンで、180~200度で約30分焼き上げれば出来上がりです。

6

オーブンがなければ、フライパンやホットプレートでも焼けると思います。
その場合は、皿に盛り付ける方を予め焼いて、反対側を焼いている時にジェノバペーストを上からかけると、綺麗に仕上がると思います。

コツ・ポイント

ジェノバペースト自体が強い香りを持っているので、鯵や鯖と言った青魚にかけると、癖が消えて食べやすいようです。
ジェノバペーストは、作るのが割高であれば、市販のパスタ用のものを利用して下さい。

このレシピの生い立ち

生鮭を買うと、だいたいは、自家製甘塩鮭か、バター焼き、ポーチドサーモンにする事が多いのですが、何か変わった食べ方をしたいな、と思っていた時、冷蔵庫に沢山作って冷凍してあるジェノバペーストの事を思い出し、ちょっと試しに乗せて焼いてみたら、大正解でした。
レシピID : 73802 公開日 : 02/12/25 更新日 : 02/12/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
アップルバター 2003年03月20日 15:04
とよこさん、はじめまして。
冷蔵庫に先日作ったペストがあり、いつもと違った使い道を探していたところ、とよこさんのレシピにたどり着きました。

いつもの鮭が、にんにくの香りがたまらない美味しい料理に変身。主人も喜んでいました。1週間に一度は鮭を食べるのでこれからもとよこさんのレシピが活躍しそうです。どうも有難う。