昔ながらのお煮しめの画像

Description

お正月のおせちに欠かせないお煮しめ。昔ながらの伝統的な作り方をご紹介♪

材料 (4人)

1/2本
1/2本
8枚
A
だし(昆布、鰹節)、椎茸の戻し汁
合わせて 3カップ
薄口しょうゆ
大さじ3
大さじ2
みりん
大さじ2
砂糖
大さじ1
小さじ1/3

作り方

  1. 1

    干し椎茸は水で3時間から1晩、戻す。

  2. 2

    里芋は六方に皮をむき、塩(分量外)をすり込む。鍋に里芋、かぶるくらいの水を入れて中火にかけ沸騰したら弱火にする。

  3. 3

    アクが浮いてきたら、すくい取り、竹串が軽く通る程度まで茹で、水で洗う。

  4. 4

    写真

    れんこんは厚さ1cmに切り、花型にする。鍋に水、酢少々(分量外)を用意し、切ったれんこんを直ぐに入れる。

  5. 5

    全部切り終わったら、鍋を中火にかける。沸騰したら弱火にし、火が通るまで茹でる。

  6. 6

    ごぼうは、包丁の背で皮をこそぎ取り、厚さ1cm斜めに切り、鍋に水、酢少々(分量外)を用意し、切ったごぼうを直ぐに入る。

  7. 7

    全部切り終わったら、鍋を中火にかける。沸騰したら弱火にし、火が通るまで茹でる。

  8. 8

    写真

    にんじんは厚さ1cmに切り、梅型にする。鍋ににんじん、水を入れて中火にかけ、沸騰したら弱火にし、火が通るまで茹でる。

  9. 9

    たけのこは穂先穂先は長さ4cm、根元は長さ2cm、2から4等分に切り、沸騰した湯で軽く茹でる。

  10. 10

    こんにゃくは厚さ1cmに切り、真ん中に切れ目を入れて、返して手綱にする。沸騰した湯で1分茹でて水気を切る。

  11. 11

    絹さやは筋を取り、沸騰した湯に塩を少々(分量外)入れて、さっと茹で、水に取る。水気を切っておく。

  12. 12

    9) 鍋にAを入れて一煮立ちさせ、絹さや以外の材料を入れて落とし蓋をし、弱火で15分煮て、そのまま冷ます。

  13. 13

    写真

    器に盛り付け、絹さやを飾る。

コツ・ポイント

具材を別々に茹でて、最後に一緒に味付けして煮るのがポイント!素材それぞれの味わいをいかした、慈悲深い煮物になります。

このレシピの生い立ち

レシピ監修:料理研究家 橋本加名子
レシピID : 7400479 公開日 : 22/12/23 更新日 : 22/12/23

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

4 (4人)
写真
こどもおりょうりラボ
ひとつひとつの素材の味わいが引き立ちとても美味しいお煮しめでした!!
写真
orsino
初めて別々に下茹でに挑戦しましたが、やはり素材の味が引き立って、薄味でも美味しかったです!見た目が綺麗でなくて申し訳ありません!
写真
Kitchen☆KO
美味しく綺麗にできました!
初れぽ
写真
★neo☆
丁寧な下拵えで、おいしく仕上がりました!