鶏ちらし

鶏ちらし
むっどれさんが「九州ではかしわをちらし寿司に使うの?」と訊いてきたが、それに答えられず、作りたい思いだけが残ってしまったので、作りました。新鮮な魚介が入手できなくてもちらしが食べられるので、非常に嬉しいメニューだということが判明。うちの定番にしよ。

材料 (6人分)

4合
鶏もも肉
1枚
にんじん
1/2本
干し椎茸
6枚
ごぼう
1/3本
油揚げ
1枚
えび
6尾
200cc
砂糖
大さじ2
大さじ2+2
しょうゆ
大さじ2
★酢
120cc
★砂糖
大さじ4
★塩
小さじ4
☆卵
4個
☆砂糖
小さじ1
☆塩
少々
刻みのり
適宜

1

米は大さじ2の酒を加え、普通よりも水加減を少なくして炊く。

2

★印の材料を合わせて、合わせ酢を作っておく。

3

☆印の材料を合わせて薄く焼き、錦糸卵を作る。

4

鶏もも肉は細かく刻む。にんじんは長さ2cmの千切り、干し椎茸は戻して細かい薄切りにする。ごぼうは細かいささがきにして、アク抜きをしておく。油揚げは油抜きをして、長さ2~3cmの千切りにする。殻をむいたえびは熱湯で茹で、そのまま冷まし、厚みを半分に切る。

5

鍋にだし汁、砂糖、大さじ2の酒を煮立てる。鶏、椎茸、ごぼう、油揚げを入れてしばらく煮る。しょうゆをを加えて弱火にし、煮汁がほぼなくなったところでにんじんを加える。火を消して冷ましておく。

6

米が炊けたら合わせ酢を回しかけ、しゃもじで切るようにして手早く混ぜ合わせる。うちわで扇ぎながらすると、艶の良いふっくらとしたすし飯に仕上がる。

7

6に5を投入し、混ぜ合わせる。

8

皿に7を盛り、錦糸卵、えび、刻みのりを散らして完成。

コツ・ポイント

①ごぼうのささがきは細かい方がおいしい。 ②うちの場合、炊飯器の目盛りは3.5合の位置で水加減をしています。

このレシピの生い立ち

人がうちに集まる時は、炭水化物がメインの料理がいいですね。安く上がるもん!
レシピID : 74070 公開日 : 02/12/28 更新日 : 02/12/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
むっどれ 2003年01月01日 12:28
無責任な質問者(笑)むっどれです。タイトルコメントに名前が載るなんて光栄です♪

なにで見たのかというと、ず~っと昔の「きょうの料理」宮崎出身?だったか??の料理研究家が故郷の味としてのせていたはずでしたの。絵本代わりに育ったので、小学生~中学生頃の本です、多分。

むっどれは基本的に海の幸と縁遠い。舌もそうできてるので、鶏ちらしって作ってみたかったの!!うれしいですぅ♪おおぉ~!今度の8合ちらしはこれでいってみます(笑)。
さちごはん 2003年01月02日 12:23
鶏ちらし、私もまたすぐにでも食べたい! はまりそう。今までどうしてもちらしには魚介をって思っていたので、なかなか作らなかったんですけど(うちは高い生魚を買わないので、冷凍えびだけなんです)。

むっどれさん、ちらしの具って他にどんなのを使っていますか? ぜひ教えてください。今年の私の第1段ブームはちらしの予感…。

ところでむっどれさん、ここで訊いてもいいかしら? カフェのほうで見かけたマドモアセルいくこさんのヨーグルトポムポム」って何ですかー? すごく気になります。
むっどれ 2003年01月02日 12:48
おお、ウサウサレス。

8合ちらし寿司アップしました。うちだけかも?というのが干し湯葉をそのままばりばり砕いて(笑)。姑のアイディアで、高野豆腐嫌いの息子の為の技(愛・・)そちらでは入手難しいでしょうか。あとシラス干し。

代々山育ちなので、魚ってしめ鯖が一番のご馳走。シラス干し、干物。が実家では定番だったので(笑)。鰺のたたき以上のお刺身って年に数回だなぁ。←単に貧乏?

>マドモアセルいくこさんのヨーグルトポムポム

もう20年ほど前の大ベストセラーだったの。カラーでもなく、写真もない、新書サイズの本でした。著者のいくこさんの可愛らしいイラストとセンス溢れるレシピで、まだ小さかった私はうっとりとしたものでした。

ヨーグルトポムポムは、ヨーグルトたっぷりのケーキ生地に生スライス林檎をたっぷり入れて焼いたケーキ。油分はサラダ油、ボウルに材料をどんどん入れて、木べらで混ぜるだけの簡単レシピ。今では色んな本に載っていますが、この方が多分オリジナルです。むっどれもよく作ってました。
さちごはん 2003年01月03日 01:49
ちらしの具、参考になりました。ありがとうございます。干し湯葉っておいしそう&楽しそうですね! 今度日系スーパーに行って値段をチェックして来よ。

今度はかにかま、きゅうり、アボカドあたりで、カリフォルニア・ロールもどきのちらしを作ろうかなと思っています(笑)。カリフォルニア・ロール好きなんだけど、巻くのが面倒臭くて!

ヨーグルトポムポムの謎がわかり、すっきりしました。りんごが入っているっていうのが、惹かれます。例のりんごきんとんにすっかりはまってしまい、りんごに目覚めてしまったのです。

りんごきんとんがまた食べたいけど、流石に正月以外に作る気にはなれないので、普段でも食べられるような煮物を作ろうと思っています。あ、でもうちの夫、果物がおかずに入っているの嫌いだったー。むっどれさんも厭なんですよね、確か。
むっどれ 2003年01月04日 04:49
ちーす。生活時間、まだアメリカ?かも(笑)。

ちらし寿司、参考になって嬉しい♪干し湯葉はこちらでは12×18くらいが3枚で170円程度。本来は干し椎茸と一緒に高野豆腐煮て使うのです。乾いたまま砕いて混ぜても、すぐに戻るし、お洒落な感じがします。歯ごたえも面白い。3合で1枚くらい使うです。

>カリフォルニア・ロールもどきのちらし
すてき!まってます!!

ほぐした焼き塩鮭・塩もみきゅうり・青ジソ・山菜の水煮・白ゴマが、夏の暑いときの定番ちらし寿司。他に鰹の手こね寿司もよく作ります。

果物入りの料理。ケースバイケースですね、私は。好きなのもありますよ。りんごきんとんはりょうりじゃないもの、大好き!

さつまいもとりんごの重ね煮。
銀杏切りのりんご、薄切りさつまいも、細かくちぎったバター、三温糖。厚手の鍋に3段くらいに重ねて、水と白ワインとレモン汁。これをぴっちりふたして(落としぶたも)極弱火で炊きます。りんごから水分が出るので、水は高さの1/3程度で大丈夫。

さつまいもの肉じゃが
りんごじゃないけど、得意だったの。
薄切りの牛肉(笑)を厚手の鍋で焼く。片面がこんがりしたら裏返し、砂糖を入れて焼き付ける。酒・味醂・しょう油を加えてふつふつしたらぶつ切りさつまいも、水を加えて煮る。

どちらも大好きだったのですが、さつまいもキライの旦那。封印レシピです。もしよろしければお試しあれ♪
さちごはん 2003年01月04日 05:06
むっどれさん、すごい時間に起きていますね。この時間帯って、日本の方々の書き込みがなくて、通常は地味ーにアメリカ勢で過ごしています。

>鰹の手こね寿司

私、アメリカに来る直前、鰹と鮪に関係した会社で働いていたんですよ。それで、たまーに焼津に出張した同僚が小さい鰹とかを貰って来て、みんなで分けていました。通勤ラッシュでぎゅうぎゅうな東京駅から来た電車の中、新聞紙とビニールでぐるぐる巻いた鰹を2匹、肩から下げていました(笑)。

でね、自宅に着くと1匹は置いて、もう1匹を夫の実家に持って行くのです。徒歩30分。肩に鰹を背負って、えっちらおっちら運びました。

>さつまいもとりんごの重ね煮。

うんうん。私が作りたいのも、こんな感じ。ただし、薄切りにせず、塊でいきたいです。

さつまいもの肉じゃがは驚き! カレーは作ろうとしたんですけど、今の環境ではさつまいもは貴重品なので、なかなか踏みきれません。高くはないんですけど、わざわざ日系、チャイニーズ、コリアンのスーパーに行かないと買えないので。