手作り簡単リコッタチーズでイタリアン

手作り簡単リコッタチーズでイタリアン
お家に有る材料で簡単に出来るリコッタチーズです。

材料

常温牛乳
400cc
常温ヨーグルト
100g
常温レモン汁
小さじ1杯

1

写真

材料は使う前に冷蔵庫から取り出して常温にします。上の画像はヨーグルト

2

写真

鍋に上記の材料を全て入れ、弱火で暖めます。コンロが複数口ある場合は、一番小さいコンロの一番小さい火で

3

写真

段々、塊が出てきますので、優しくかき回します。

4

写真

5-10分程度で程よい塊&水がグリーン(黄色?)色に変化したら火を止めます。

5

熱が取れるまで鍋からは出さず4のまま。熱いまま取り分けると水分が少ないパサパサのチーズになります。

6

充分にさめたらざるに少しずつ取り出し、水を切ります。

7

すぐに使わない場合は、ざると水を一緒にして冷蔵庫にすると、パサつきなく、翌日でも使えます。

コツ・ポイント

硬く水切りして、フキンなどで絞って形を作ると、インドのチーズ風にもなります。

このレシピの生い立ち

買うと高いリコッタチーズ、作り方を人から教えてもらいその覚書です。自分の使いやすい量にアレンジしました。
レシピID : 742340 公開日 : 09/04/21 更新日 : 13/09/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

11/01/26

First tsukurepo mark
写真

とてもまろやかでしっとり出来ました!美味しいパンケーキに変身です

ジョンリークッカー

すごい!素敵にアレンジして頂き有難うございます!

Profile エキタマ 2014年08月18日 16:02
これですと「リコッタ・チーズ風」では?

「リコッタ」は「二度煮る」という意味の通り、チーズ等を作った残りの「ホエー」が原料になります。80度位に加熱すると「ホエー蛋白質」が凝固する性質を利用したものです。
実際には「ホエー」に更にミルクやクリームを加えて作る事が多いようです。

細かい事を言いますと、こちらのレシピはインドのチーズ「パニール」の「即席版」が最も近いかと思います。伝統的な「パニール」の製法はもっと複雑ですが…。
同じような製法ですが、「カッテージチーズ」は本来、脱脂乳(クリームを分離した残りの「スキムミルク」)を使うと聞きます。ただ最近は、脱脂していないミルクを使った物も「カッテージチーズ」として販売されているようです。

『チーズ プロフェッショナル教本 2014』楽天ブックス→http://a.r10.to/hiV25E