自発粉で焼き包子【餡餅xianbing】

自発粉で焼き包子【餡餅xianbing】
お湯を混ぜれば勝手に発酵する魔法の自発粉!
大陸生活の皆さまさぁどうぞご一緒に♪
日本の皆さまごめんなさい!

材料 (7センチ大が8個できました)

◆自発粉
カップ2弱
◆砂糖
小1
◆お湯
適量(お風呂の温度くらい)
ひき肉
150g
シイタケ
5個
白菜
ひき肉と同量
サラダオイル
適量

1

自発粉に砂糖を混ぜ込み、お湯を少しずつ加えつつ様子を見ながら、耳たぶの柔らかさになるように手でこね混ぜる。

2

生地がまとまったら打ち粉をして適当な台にのせてちょっとこね、油を薄く塗ったボールに入れて濡れ布巾で覆い休ませる。

3

ベンチタイム(時間は自発粉の説明書参照。2-30分)の間に具を作る。シイタケ・白菜は粗めのみじん切り

4

フライパンでひき肉を炒め、白菜シイタケを加え、オイスターソースとナンプラーで味付ける。

5

打ち粉をした台の上に膨らんだ生地をのせ、粉を振った包丁で適当な大きさに切り分け、具を包む。

6

包むコツは、球状の生地をひねりながらお碗型に成型し掌に載せ、まずスプーンでお碗の中に詰め込むように押し込みつつ…

7

その後、端をつまみ伸ばしながら、少しずつ中央に寄せて包んでいくといいみたい。見よう見まね。生地が伸びるので何とかなる。

8

フライパンに薄くサラダ油をひき、包子を並べて蓋をし、最初に強火で焦げ目をつけ、弱火で表裏それぞれ5分ほどで出来上がり。

コツ・ポイント

イーストの発酵が面倒くさそうで敬遠してたけど、自発粉は本当に簡単でビックリ! これ日本にもあるのかな? 量も適当で結果つじつまが合うなんてスバラシイ!
具に先に火を通しておくと、焼き上がりは表面だけ注意すればいいのでお気楽です。

このレシピの生い立ち

ずっと気になってた自発粉(中国のイーストの入ったお手軽小麦粉)の実験として、いろんな方の「包子」のレシピの流れを参考にしてやってみました。具はあり合わせ。これを蒸すと包子になるんだと思う。いいわ~自発粉!
レシピID : 744852 公開日 : 09/04/29 更新日 : 09/04/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」