宝袋のおなべ

宝袋のおなべ
油揚げを開くとあつあつの具がたっぷり出てきます。
山芋のとろみで具がさめにくく体が温まります。

材料 (4人分)

油揚げ(油抜きをする)
8枚
おろし大根
1/2カップ
れんこん(1cm角に切る)
1/4節
少々
ぎんなん(殻をむく)
4個
●水
3カップ
1パック
●しょうゆ
大さじ1
●塩
小さじ1
水菜
1/2束
京にんじん
1本

1

おろし大根は目の細かいざるに入れ、押したり絞ったりせず、そのまま置いて少し水分が残る程度に水気を切る。

2

①と長芋、れんこんを混ぜ合わせ、塩で下味をつける。

3

ぎんなんは塩少量(分量外)を加えた沸騰湯に入れ、玉じゃくしの底などで転がしながら薄皮をむき、湯を切る。

4

京にんじんは飾り切りにし、下ゆでしておく。

5

油揚げは袋状に開き、②とぎんなんを等分に入れ、口をつまようじでとめる。

6

土鍋に●と⑤を入れ火にかけ、煮立ったら弱火にして5分ほど煮る。食べやすく切った水菜と京にんじんを加えてひと煮立ちさせる。

7

好みで七味唐辛子やゆず、ゆずこしょうなどを加えてお召し上がりください。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

油揚げを開くとあつあつの具がたっぷり出てきます。
山芋のとろみで具がさめにくく体が温まります。色とりどりの具を入れて楽しんでください。
レシピID : 754455 公開日 : 09/03/09 更新日 : 09/03/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」