うちのポトフはトマト入り! トマトポトフ

うちのポトフはトマト入り! トマトポトフ
普通にポトフを作ると味が物足りないことがないですか? 僕はそういうときはトマト缶を入れてしまいます。意外ですが絶品です。

材料 (8人分くらい)

具材A
豚肩ロースブロック
600 g くらい(1本)
ソーセージ
200 g 程度
きのこ類
各種とりそろえて3パックくらい
たまねぎ
2個
にんじん
3本(オプション)
セロリ
1本
5欠片くらい
2枚
乾燥バジル
少々(お好みで)
具材B
キャベツ
1個から半分くらい
ジャガイモ
5個から10個
いんげん (お好みで)
1パック
スナップエンドウ(お好みで)
1パック
おくら(お好みで)
1パック
スープの材料
トマト缶
2缶
チキンストック
10リットル (オプション。なければ水でも)
スープの素
チキンストックを使わない場合

1

最初に下準備。きのこ、ニンジンは一口大に、たまねぎは櫛切りにします。セロリとニンニクは荒微塵にしてください。

2

同様にBの野菜も準備しましょう。キャベツは1玉を1/4に、ジャガイモは皮をむいておきます。

3

キャベツはばらばらにならない程度に芯を取ります。タマネギは芯を取ると苦味が出ません。

4

インゲン、エンドウ、おくらは適当なサイズに切りそろえてください。大き目が良いでしょう。

5

準備ができたらスープから行きます。豚肩ロースは流水で洗ってルクルーゼなどの鍋に入れます。別に焼かなくてもOKです。

6

そのほかA.の材料を切り揃え(ソーセージはそのまま)全部鍋に入れ、ひたひたになるまでチキンストックか水を入れてください。

7

ついでに野菜の面取りした屑やキャベツの芯など食べられる部分もスープに入れてしまうと出汁になります。

8

沸騰させないように注意しながらゆっくり煮込みます。最初のうちは灰汁があがるのでまめにとってください。

9

写真

1時間から2時間煮て柔らかくなったら豚肉を引き上げます。これは別皿にとっておきます。

10

残りの野菜類をお玉などで救出して、残ったスープを濾します(オプション)。そしてスープの味を塩コショウで調整しましょう。

11

トマト缶は最初から入れても良いし、ステップ10でどうしても味が凡庸なときに入れても良いと思います。

12

トマト缶を入れたら野菜類を戻し、さらに1時間ゆっくり煮込んでください(最初から入れている場合、追加の煮込みは不要です)。

13

Bの野菜は食事の1時間前くらいから準備します。茹でても良いのですが、僕は蒸すことが多いです。そのほうが味が良いみたい。

14

写真

野菜の準備ができたらそれぞれを皿に盛ります。

15

食卓で好きな具をボウルに盛り、スープをかけて召し上がれ。

16

なお、スープにご飯を入れても美味です。インスタントのトマトリゾットになります。

コツ・ポイント

煮込むときに沸騰させないことがポイントです。かすかに泡が上がってくるくらいの温度でゆっくり煮てください。
ソーセージを使う場合はステップ9で肉と一緒に救出して一緒に待っててもらうのが良いかも。ずっと煮てるとスカスカになります。

このレシピの生い立ち

もともとうちのポトフも普通の塩味だったのですが、なんとなく気が抜けた味になっちゃったことがあって、アミノ酸(うまみ)強化のためにトマト缶を入れたのがきっかけです。意外な組み合わせでしたがお子様にも好評です。お試しあれ。
レシピID : 757582 公開日 : 09/03/16 更新日 : 12/09/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」