アジの開きの画像

Description

アジをさばいた後、塩水に浸しません。開いて、お塩を振りかけ干すだけです。

材料 (アジ)

アジ
生で新鮮なもの数匹
粗塩
適宜

作り方

  1. 1

    写真

    鯵は通年手に入りますが、産卵前の6月から8月が脂がのって美味しい旬です。
    目が透き通っているものが新鮮です。

  2. 2

    写真

    鱗を取って、頭を落とします。ヒレを上に持ち上げて一気に落とします。

  3. 3

    写真

    内臓を取るためにお腹を切ります。

  4. 4

    写真

    チョロチョロの少ない水で内臓を出して綺麗に洗います。黒い膜状の物も綺麗に落とします。

  5. 5

    写真

    開いていきます。まな板に乗せます。尻尾を向こう側、お腹を右側になるように置きます。

  6. 6

    写真

    包丁の刃元(あご)の部分で尻尾の方に向かって皮を切ります。

  7. 7

    写真

    6の切り込み口に包丁の先を入れ、背骨に沿って身をはがします。


  8. 8

    写真

    次に、包丁の先を骨のすぐ上に当てて、骨に沿って何度も身をはがします。左手を切らないように気をつけてください。

  9. 9

    写真

    左手で向こうに身を広げるようなイメージで身を少しずつ持ち上げます。

  10. 10

    写真

    皮スレスレのところでやめます。

  11. 11

    写真

    平になるように尻尾の方から微調整します。

  12. 12

    写真

    鯵を左に寄せて、これから1つずつに塩をまぶしていきます。(わたしは洗い物を1つでも少なくしたいのでここで完結しています。

  13. 13

    写真

    粗塩ひとつまみを鯵の身に振りかけ、

  14. 14

    写真

    手で塩を満遍なく広げます。皮の方も同じように塩をまぶします。

  15. 15

    写真

    海で泳いでいた魚ですので、本当に少しの塩でOKです。薄味を心がけて塩をしてください。

  16. 16

    写真

    せっかく作った魚がハエや猫に触られないように、やはり干し網は準備してください。これに干します。

  17. 17

    写真

    皮目を下にして干します。晴れた日は半日、曇りや雨の日は1日干してください。

  18. 18

    干した後、1つずつラップに包んでビニール袋に入れチルド室で保存してください。1週間は大丈夫です。冷凍も可能です。

  19. 19

    鯵の開きの栄養は生の2倍だそうです。鯵は高たんぱく、ビタミンD,EPA,DHAなど体にとてもよい食材です。

コツ・ポイント

最初はうまくさばけないかもしれないけれど、何度も何度も魚に向き合ってさばいていけば、上手くなります。手を切らないように。美味しい鯵の開きができますように。

このレシピの生い立ち

一般的な鯵の開きの塩味の付け方は、さばいた魚を塩水に浸けるそうです。それだと、塩水から引き揚げたときに大量のキッチンペーパーと布巾が必要です。釣り名人の方に直に習ってわたしはこの塩を振る方法をしています。身がふやけず美味しい自慢の開きです。
レシピID : 7581551 公開日 : 23/07/19 更新日 : 23/07/19

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート