黒ソイのすまし汁(スエ汁)の画像

Description

黒ソイのアラで出汁を取り、黒ソイのすまし汁を作ってみた(気仙沼では黒ソイはスエと呼ばれています)。

材料 (2人分)

黒ソイ(3枚おろし、アラも使用)
1尾
適量
適量
 
500ml
100ml
長ねぎ(青い部分)
1本分
 
適量
黒胡椒
少々
 
細ねぎ(小口切り)
少々
長ねぎ(小口切り)
少々

作り方

  1. 1

    写真

    黒ソイは購入したお店で3枚におろしてもらい、アラも貰ってくる。

  2. 2

    アラは熱湯をかけ、霜降り処理してから水と酒を加え、長ねぎ、生姜と煮込む。出てきたアクは取り除く。

  3. 3

    黒ソイは塩を振り、しばらく置いてから、出てきた水を拭き取る。

  4. 4

    黒ソイをカットし、一口サイズの切り身4切れを取り、片栗粉をまぶす。

  5. 5

    鍋からアラ汁を400ml程、別の鍋に取り、火にかけ温め、白だし、胡椒で味を調える。

  6. 6

    黒ソイを入れ火を通す(豆腐を加えても良い)。

  7. 7

    器によそい、ねぎを散らせば出来上がり(黒ソイを湯がいてお椀に入れ、あら汁を注いでも良い)。

コツ・ポイント

黒ソイの残りは塩焼き、アラ汁を取ったアラは身をほぐし他の料理に使用。

北海道や三陸などでは白身魚として、鯛の替わりに黒ソイを使うのが一般的なようです。

このレシピの生い立ち

以前、気仙沼で地元のお母さんから教えてもらった黒ソイのすまし汁を作ってみた。地元では”スエ汁”と呼ばれハレの日に作られる料理だそうです。

片栗粉をまぶして、すまし汁にするということしか聞いていなかったので、実際はちょっと違うかもしれない?
レシピID : 7661554 公開日 : 23/11/03 更新日 : 23/11/20

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート