コーヒーのマカロン

コーヒーのマカロン
コーヒーの香りたーっぷりです。ガナッシュを挟んでも美味しいと思いますが、今回はコーヒー味のバタークリームをはさみました。

材料 (直径4~4.5cmのもの約15個分)

卵白
40g(lサイズの卵1個分)
一つまみ弱
粉糖または細目グラニュー糖
15g
粉糖
65g
インスタントコーヒー(ミルサーで粉砕)
6g
10cc
10g(Lサイズの卵黄の2/3)
無塩バター
50g
インスタントコーヒー(ミルサーで粉砕)
2g
お好みで、バニラエッセンスやバニラビーンズ
少々(ビーンズの場合は1/4本程度)

1

卵白は冷凍したものを、常温で置き、少し解けてきたら、塩一つまみを入れて、ハンドミキサーでしっかりしたメレンゲにする。

2

グラニュー糖を2度に分けて加え、そのつどしっかり撹拌して、ピンと角の立ったメレンゲにする。

3

アーモンドプードルと粉糖・インスタントコーヒーをボウルに入れ、泡だて器で軽く混ぜておく。それをふるいながら、2に加える。

4

ゴムベラでさっくりと混ぜ、粉気のま尾状態にする。

5

ボウルの縁に、ゴムベラを押し付けるように混ぜ、大きな気泡を消す(マカロナージュ)回数は、約6~7回。

6

1cmの丸型で、直径3~3.5cmの大きさに、間隔をおいて搾り出す。乾いてる間に生地が伸びてきます。

7

爪楊枝か竹串で、大きい気泡があれば消しておく。40分~1時間以上乾燥させる。指で触ってもくっつかななくなるまで。

8

オーブンを210度に予熱する。

9

バタークリームを作る。グラニュー糖と水を火にかけ、強火で全体がぐらぐらするまで熱する。(焦がさないように注意)

10

ボウルに卵黄を入れ、泡だて器でほぐし、9のシロップを少しずつたらしながら欲混ぜる。

11

柔らかくしておいたバター(少々溶け気味でもよい)を10に3回に分けて混ぜ、泡だて器でつどよく混ぜる。

12

インスタントコーヒーを混ぜ込み、好みでバニラエッセンスも混ぜ、ラップをして冷蔵庫で冷やしておく。

13

下段で、2分50秒焼く(ピエが出る)。その後、130~140度で約10分焼く。焼きあがっても、扉を開けず2分待つ。

14

シートのまま冷まし、冷めたらはがしておく。

15

マカロンの大きさを合わせ、12のクリームを少し練って、挟んでいく。タッパやシール付きの袋に入れて、冷蔵庫で1晩寝かせる

コツ・ポイント

マカロナージュは、やりすぎると生地がだれて、ふくらみが悪くなります。足りないとひび割れます。本では流れるくらいと書かれていますが、回数は少なめでいいかと思います。
インスタントコーヒーは、ミルサーがなければ、すり鉢で潰して下さい。

このレシピの生い立ち

ショコラ・バニラ・抹茶・苺などなど作り続けて、どうしてもコーヒーのマカロンが食べたくなりました。ショコラの生地をアレンジして、バタークリームをはさんでいます。
コーヒーフレーバーたっぷりです♪
レシピID : 767204 公開日 : 09/03/23 更新日 : 09/03/23

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」