干しまいたけとまいたけパウダーの画像

Description

まいたけを食品乾燥機で乾燥すると長期保存できるようになり、水で戻せば普段通り料理に使えます。

材料

まいたけ
適量

作り方

  1. 1

    写真

    ■干しまいたけの作り方
    まいたけ表面の汚れを湿らせたペーパータオルで拭き取ります。

  2. 2

    写真

    小房に分けて、食品乾燥機「ドラミニ」のトレイに並べます。

  3. 3

    写真

    フタを閉めて乾燥温度60℃で乾燥します。

  4. 4

    写真

    乾燥時間6時間で手でパキパキと割れるくらいカラッと乾燥し、干しまいたけの完成です。

  5. 5

    写真

    完成した干しまいたけは水やお湯に浸してしばらく置くとやわらかく戻り、普段通り調理してお使いいただけます。

  6. 6

    写真

    ■まいたけパウダーの作り方
    干しまいたけを製粉機「コナッピー」の容器に入れます。

  7. 7

    写真

    フタを閉めたらスイッチを入れ、粉砕します。

  8. 8

    写真

    2分で粉砕完了です。
    きめ細かなパウダー状に粉砕されました。
    出汁や隠し味として料理にお使いいただけます。

  9. 9

    写真

    ★動画でわかりやすい!youtubeでも作り方を公開しています。https://youtu.be/VHT48rlD02Y

  10. 10

    写真

    ■ドラミニはいつでも手軽に乾燥食品が作れる食品乾燥機です。1~99時間の時間設定、35~70℃の温度設定ができます。

  11. 11

    写真

    ■一度に2~3kgの食品を乾燥できる大容量6段トレイでありながら、持ち運び可能でキッチンにも置ける大きさです。

  12. 12

    写真

    ■野菜や果物、肉類、魚や海藻などの海産物など様々な食品を乾燥できます。

  13. 13

    写真

    ■コナッピーは少量の粉末を作りたいけど家庭用のミルではパワー不足だと感じる方に最適な強力製粉機です。

  14. 14

    写真

    ■小型ですが家電量販店などで販売されている家庭用のミルと比較すると数倍以上のパワーがあります。

  15. 15

    写真

    ■乾燥した野菜や果物、煮干しや昆布などの海産物、お米など様々なものを粉末にできます。

  16. 16

    写真

    ■ドラミニ、コナッピーの購入、製品詳細は「ラボネクト株式会社」へお気軽にお問い合わせください。

コツ・ポイント

フードドライヤーを使うことで天日干しよりも短時間で衛生的に乾燥することができます。
完成した干しまいたけは水やお湯に浸してしばらくおくとやわらかく戻り、普段通り料理に使えます。
パウダーは出汁や隠し味として料理にお使いいただけます。

このレシピの生い立ち

■食品乾燥機「ドラミニ」は最大3kg程度の食材を一度に乾燥できます。干し野菜、ドライフルーツなど様々な料理に活用できます。
■家庭用製粉機でトップクラスの製粉能力をもつ「コナッピー」はお米、お茶、乾燥食品などを粉末にすることが出来ます。
レシピID : 7683756 公開日 : 23/11/29 更新日 : 23/11/29

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート