三五八漬けの素

三五八漬けの素
塩三・麹五・米八でつくる漬け物床、三五八(さごはち)。おうちで甘酒作る人なら絶対作れるから!

材料

うるち米
3合
500グラム
150〜200グラム

1

米を普通に炊く。

2

炊きあがったご飯を60℃くらいまで冷ます。

3

ほぐした麹を加え、切るように良く混ぜる。

4

一晩保温。私はルクルーゼの鍋でご飯を炊き、麹を混ぜふたをして保温します。ルクっておりこうさんよね〜。

5

塩を好みの量加え、よく混ぜる。

6

写真

冷蔵庫で保管。塩がなれてきた10日後くらいから使える。ジップロックにいれてます。

7

必要な分だけ取り出して野菜や肉、魚にまぶして漬けてみてください。

コツ・ポイント

出来上がり総量は1.5キロくらい。昔は余ったごはんで作ってたってくらいだから、分量もおおざっぱでいいんじゃないかな。自分好みの味をみつけてください。

このレシピの生い立ち

東北の漬け床、三五八(さごはち)。麹屋さんのおいしい麹、一キロ買って甘酒つくった残りで三五八の素を製作しました。キュウリのおいしい季節に大活躍してくれることでしょう。
レシピID : 770083 公開日 : 09/03/27 更新日 : 09/05/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
food town 2009年04月09日 17:05
あこあんこさんへ

 はじめましてFOOD TOWNです。
 先月から、358を育て(実家の358を床分けなんですが)ています。

 358お持ちの方が少ないので、他の方は何をどう358に使うのか参考にしていきたいので、お得意or十八番の
358レシピを期待して。。。

^^♪
足跡残しておきます。

 よろしくお願いします。

PS:あこあんこさんのニュース購読中、レシピUPされるのを楽しみにしています。


  突然の突撃コメントにて、 失礼しました。

   by food town