グーラシュ

グーラシュ
オーストリアやハンガリーでポピュラーなハンガリー風のシチューです。ビーフシチュー的なものからスープ的なものまで様々なアレンジのある家庭料理です。パプリカ、キャラウェイシーズ、マジョランによる味付けが特徴的です。

材料 (4人分)

シチュー用牛肉
500~1000g
玉葱
2~3個
人参
1~2本
パプリカ
大さじ2~3
マジョラン
大さじ1~2
キャラウェイシード
大さじ1~2
バター
20g
少々
固形スープ
1~2個

1

写真

材料を用意します。玉葱、人参は乱切りにします。写真では赤ピーマンも用意しています。ハンガリーではパプリカは唐辛子やピーマンを意味します。日本ではスパイスとして売られているパプリカは甘口が一般的ですが、ハンガリーでは非常に辛いものがあります。従って、辛いの

2

写真

肉、玉葱を炒めて人参と一緒にシチュー鍋へ入れて水を入れて煮ます。カレーやシチューと同じです。炒め方などは、それぞれのご家庭の流儀で良いと思います。

3

煮立ったら、パプリカ、マジョラン、キャラウェイシーズを入れます。味を見ながら量を調整しますが、最初は適当にするしかないですね。トマトピューレも加えますが、トマトケチャップや湯むきや生のトマトでも当然構いません。

4

3時間くらい煮こんで、煮崩れ寸前にします。これも好き好きと思います。固形スープ、塩で味付けします。最後にバターでコクを加えます。入れた材料、特に肉の質で何もしなくてもコクがある場合とそうでない場合があります。

5

こってり感は、脂肪の多い肉を使うか赤身を使うかも好みによります。また、スープの多い状態で供する場合もありますし、煮詰めてこってりさせて供する場合もあります。

コツ・ポイント

肉をたっぷり入れたビーフシチュウ風にしても、具を少なくしてスープ仕立てにしても構いません。バターなどでこってり仕上げてもトマトなどで酸味を利かしても構いません。ジャガイモを入れて、これだけで食事になるようにしても構いません。

このレシピの生い立ち

オーストリア在住中にハンガリーも含め色々な所で食べました。料理の本にも必ず載っています。しかしながら、その全てが微妙に違っています。色々、試した結果、一番普通に作れる基本的なものを紹介することにしました。
レシピID : 77011 公開日 : 03/01/26 更新日 : 03/01/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
はなびし草 2006年03月01日 22:29
はじめまして!
今夜、このレシピを参考に我が家にあるもので作らせていただきました。
とっても美味しく出来たので、これからも作らせていただきますね!
本当にご馳走様でした。
あわせて、我が家流の作り方でレシピもアップさせていただきました。
お時間があれば、見ていただけたら嬉しいです。
ありがとうございました。