親子丼とカツ丼~どんぶり物の基本~

ぷりぷり鶏ももの親子丼にみんな大好きあったかいカツ丼。
基本を押えれば5分ほどでできます。

材料

つけめんで食べるそうめんのつゆ位の濃さ
ねぎ(深ねぎでも、たまねぎでもいい)
細切りにしたものを一人前一掴み
青み(万能ねぎや三つ葉)
刻んで少し
一人前1個
親子丼なら鶏もも肉
一枚で4~6人分できます

1

たまねぎは余りこだわらず、ざくざくと細切り。青みは刻んでおく。
鶏ももは、筋のある方向を短く1cm×3cm位に切る。

2

めんつゆは薄めてたまねぎがひたひたになるくらい入れます。水深1cmくらいが目安

3

中火にかけて、たまねぎがしんなりしてめんつゆが沸いてきますが、中火のままで。

4

めんつゆが沸いている所に鶏ももを入れます。まだ中火。鶏表面が白く変色してから30数えてから割って軽く混ぜた卵を全体に。

5

ここで注意。鶏ももは、まんべんなく散らして。
重なり合うと、火の通りが悪くなります。卵を入れてからは余りかき回さない

6

卵が半分固まってきた時点で火からおろし(ここまで中火のまま)、青みを散らしてから鍋にふたをする。2分ほど蒸らす。

7

どんぶりに温かいご飯をよそい、汁と一緒にご飯に乗っけます。できあがり。

8

カツ丼の場合■■
あらかじめ揚げて置いたトンカツを2cm位に切り、たまねぎがしんなりした時点で投入。

9

冷めたトンカツなら、中まで温まったくらいで卵をかける。他は親子丼と一緒。

10

揚げたてトンカツで、さくさく感を残したい場合、一緒に煮ないで、卵丼+カツ、と言うのもアリ。

コツ・ポイント

卵は完全にほぐさない。最後の加熱は余熱で。
フライパンで3~6人分いっぺんに。
どんぶりに蓋があるなら、蒸らしをどんぶりでしてもいい、ただし、炊きたてご飯であること。
一人前親子丼用の鍋が百均に!、でもミルクパンで代用利きます。

このレシピの生い立ち

バイト先の口うるさいマネージャーは今思えばいい師匠でした。
もし、カツ丼と卵丼・親子丼と味に差をつけるなら、カツ丼を少し味を濃く、親子丼は薄めに。
レシピID : 771531 公開日 : 09/03/29 更新日 : 09/05/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」