私の大切な日のタルト

私の大切な日のタルト
特別な日のタルト♡
カスタードにホイップしたクリームをまぜて
ふんわりやさしい味にしたうちのタルトです♡

材料 (20センチタルト型)

タルト生地
薄力粉
90g
70g
1個分
牛乳
小さじ1
アーモンドクリーム
30g
砂糖
25g
半個分
小麦粉
大さじ1
カスタードクリーム
牛乳
250cc
砂糖
40g
薄力粉
15g
2個分
バター
10g
A 生クリーム
100cc
A 砂糖
10g

1

下準備
タルト型にバター(材料外)を薄く塗っておく。
タルト生地用の粉類を合わせてふるっておく。

2

タルト生地

マーガリンに砂糖を入れ、クリーム状になるまで混ぜる。そこへ卵黄を入れて混ぜる。

3

そこへあわせてふるっておいた薄力粉とアーモンドプードルをいれてゴムべらでさっくりまぜる
ここで練らないように!

4

そこへ牛乳、エッセンスをいれ、今度は手のつけ根で押すようにして全体をひとつにまとめる。

5

まとまったらラップに包み、冷蔵庫で一時間以上休ませる。
もし後日にタルトを仕上げるのなら、冷凍庫に入れても可。

6

オーブンを180度に温めておく。
生地を包んであるラップを広げ、上にもう一枚ラップをかぶせ、その上から麺棒でのばす。

7

型よりもひとまわり大きく伸ばし、2ミリくらいの薄さに。
型にかぶせ、指で生地を抑えて型にしっかり敷きこむ。

8

焼いているうちに生地がうかないように、底全体にフォークで穴をあけていく。その上にオーブンシートをのせ、おもしを乗せる。

9

あたためておいたオーブンで13分くらい焼く。

10

焼けたら上にのっているものを取り、荒熱を取っておく。

11

アーモンドクリーム

マーガリンを木べらでクリーム状に混ぜ、砂糖をいれて再び混ぜる。

12

そこへ卵を少しずつ入れて混ぜ、最後に振るった小麦粉をいれてさっくりまぜます。クッキーを作る要領で。

13

荒熱のとれたタルト生地にアーモンドクリームを流しこみ、再び180度のオーブンで12分くらい焼く。

14

アーモンドクリームがこんがりきつね色になったらOK。
すっかりさめるまでおいておき、冷めたら冷蔵庫へ入れておく。

15

カスタードクリーム

ボウルに砂糖、薄力粉、コーンスターチを入れて泡だて器で全体を混ぜ合わす。

16

そこへ牛乳全体量のうち、50cc位を少しずつ入れて溶き、卵黄を加えて混ぜて
一度裏ごしする。

17

鍋に残りの牛乳を入れて沸騰直前まで温め、半量を少しずつ16のボウルに加えていき丁寧に混ぜる。

18

混ぜ合わさったら、牛乳の残っている鍋に戻し、中火にかける。絶えず泡だて器で混ぜながら、沸騰し始めたら一度火から離す。

19

一度プクプクし出すとすぐにかたまっていってしまうので、こうしていったん火から離して手早く底からかき混ぜる。

20

全体にとろみが均一になったら火に戻し、再び混ぜ、ぽってりしてきたら火からおろす。

21

そこへバターを入れてまぜながら溶かし、エッセンスもいれてまぜ、ラップをぴっちりとしてそのまま冷ます。

22

ボウルにAのを入れて泡だて器でとろりとするまで泡立てる。7分立てくらい。

23

すっかりさめたカスタードクリームに、22のホイップクリームをすこしずつ入れて混ぜる。

24

仕上げ
アーモンドクリーム入りのタルト生地に23の冷めたクリームを流しいれ、表面を平らに整え、お好みのフルーツを飾る。

25

飾ったフルーツの上から、ノンウェットシュガーを茶こしでふるってかける。
できあがりです!

26

追記1
タルト生地を冷凍した場合、解凍は冷蔵庫でゆっくり。室温だと結構溶けやすいので様子を見ながら行って下さい。

27

追記2
タルト生地を焼く時に置く重石は製菓材料店などで売っています。私は余った生地をクッキーとして焼く為のせてます。

コツ・ポイント

手順が多いわりに写真がなくてすみません。
ポイントはカスタード作り。火にかけている時、鍋の底のほうから手早く混ぜないとダマができたりします。
フルーツは何でもかまいません。クリームはとろり系です。これも私好み♡

このレシピの生い立ち

まだまだ生クリームオンリーのケーキがダメな娘達と
意外にタルト好きだと最近教えてくれた夫のために。
使えるところはなるべくマーガリン使用で。
昔々、その昔のお菓子の本に載っていたタルトのレシピを自分好みにアレンジしました。
レシピID : 771767 公開日 : 09/03/29 更新日 : 09/06/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」