ひんやり茶わん蒸し

夏野菜のあんをかけた冷たい茶わん蒸し。喉越しが良いので食欲のない人にも
お勧め。

材料 (2~3人分)

2個
300CC +あん掛け用150CC
小さじ1/3 +あん掛用 小1/3
醤油
小さじ1と1/2 +あん掛用 小1/3
オクラ
6、本
しめじ
1/4パック
みょうが
1個
なす
1本

1

茶わん蒸しを作る。まず、卵を空気が入らないようによくほぐす。さらさらになったら、だし汁300CC、塩、醤油を
まぜて卵液と合わせる。

2

大鉢で作る場合は、その器の上にざるを構えて一気に漉す。小さい器の人は
茶漉しで漉す。これが面倒だから、大きい鉢だと手軽さ倍増。この手間は省いちゃだめです。喉越し重視っす。

3

蒸気の上がった蒸し器に入れ、強火で3、4分、その後弱火で10分。これ、重要。時間は守りましょう。全体で15分弱で蒸し上がります。
軽く揺すって均等に揺れたらオッケー。
真ん中がうごかなかったらもうちょっとって感じかしら。

4

蒸し上がったら粗熱を取って冷蔵庫へ。
暇な日中に作っておくと良い。
蒸してる間にあんも作って
冷やしておこう。

5

あん掛けをつくる。
オクラは2ミリの輪切り
ナスは1cm角。
みょうがは千切り
しめじは石付きを取って1cmくらいに
ころころに切る。

6

鍋にだし汁をいれ、なす、しめじを先に入れ、火が通ったらオクラみょうがをいれる。塩、醤油で味を整えて冷やす。

7

食卓に出す直前にあんを掛けて
出来上がり。余裕があったら細~く切って晒した生姜をぱらぱらっとあしらおう。

8

コツ・ポイント

オクラのトロミをあんかけに活かしたので、葛粉を使わなくてもゆるりとした
トロミがつきます。(あくまでもゆるり・・)オクラだけは必須、あとは適当にある物を入れましょう。
大鉢でたっぷり一気に作ると楽ちん。
お客さまなんかの時はカニ缶とか
入れちゃっ

このレシピの生い立ち

レシピID : 7718 公開日 : 00/08/25 更新日 : 00/08/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」