ドイツ生まれのリンゴケーキ☆

ドイツ生まれのリンゴケーキ☆
古くなりかけのおいしくないリンゴもおいし〜く変身♡

材料 (18cmの丸型)

小麦粉(薄力粉または中力粉)
180g
バター
110g
砂糖
100g
1.5〜2個
リンゴ
大1個(小1.5個)
あれば レモンエッセンス、粉砂糖、マーマレードジャム
適量

1

♪下準備♪
リンゴ:皮をむき、大8等分、小4等分に切り、表面に切り目を入れ塩水につける
小麦粉&BP:2回ふるっておく

2

バターをクリーム状にして(レンジで30秒)、砂糖、溶き卵の順で各2〜3回に分けて入れ混ぜる
☆あればレモンエッセンスも☆

3

粉類を②に少しずつ加え混ぜる
☆生地は耳たぶくらいの柔らかさにしてね☆腕が疲れるぐらいの固さで◎

4

型に生地を入れ、空気を抜き、リンゴをのせる
☆生地は中央が厚くなると焼くのに時間がかかるので中央をへこませる☆

5

180℃(356°F)に予熱したオーブンで50分焼く
☆30分ぐらいで焼き色がついたらアルミホイルをかぶせる☆

6

焼けたら冷まし、粉砂糖をふるか、ジャムを湯で薄めたものをハケでぬりつやを出す
☆はちみつを湯で薄めてもOK☆

コツ・ポイント

生地は柔らかすぎるとよく膨らみ、リンゴが隠れちゃうので腕が疲れてくるぐらいの硬さが◎です。
生地が硬すぎる場合は人肌に温めた牛乳を少しずつ加えて調整してみてください。

このレシピの生い立ち

母の友人に教えてもらったリンゴケーキ。
できたては硬め、数日経つとしっとり柔らかくなります♪
私はできたてと数日経ってから両方食べるのが好きです(^^)v
レシピID : 772091 公開日 : 09/03/30 更新日 : 09/03/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」