夏みかんの黄色いマーマレード

夏みかんの黄色いマーマレード
夏みかんの黄色を生かしたマーマレードです。果汁を100%ジュースに変えると、赤いブラッドオレンジマーマレードにも。

材料

夏みかん
5個
砂糖(上白糖・グラニュー糖)
皮と果汁の総重量の50%
クエン酸
小さじ1

1

夏みかんを洗う。4つ割にして皮と実に分ける。

2

鍋にたっぷり水を張ってその上からスライサーを使って薄く皮をスライスする。私は皮が薄い方が好みなので。

3

鍋の中で皮を揉み洗いする。水がにごれば、皮を絞ってまたたっぷりの水洗い。3回繰り返すと水がにごらなくなります。

4

写真

皮を絞る時うちで活躍するのは手動果汁絞り器です。この時はもちろん絞った水を捨てます。

5

写真

この皮をよく絞るのがポイント。3回揉み洗いすると、この時点でワタが少し透き通ります。

6

鍋にたっぷりの水をはり、絞った皮をはなち、2時間~一晩おいてアク抜き

7

写真

その間、果汁を絞って取っておく。搾りかすと種を鍋に入れひたひたの水を加え、30分ほどことこと煮る。ペクチン液を作る。

8

写真

ペクチン液はざるに上げ、なるべく自然に落ちてきた液を取っておく。

9

6の皮をよく絞り、鍋に皮と果汁(重さを量っておく)を入れ、ペクチン液を入れる。クエン酸を入れ1時間~おいておく。

10

中火にかけアクを取る。なるべくぐらぐら煮ない。皮が爪で切れるくらい柔らかく、水分が飛んで果汁がややとろとろするまで煮る。

11

砂糖を2~3回に分けて入れる。間隔は15分くらい。最後に砂糖を入れて15分煮る。煮上がったら消毒したビンに詰める。

12

写真

中が今回のもの。右が果肉も入れたもの。左は余った皮とペクチン液とブラッドオレンジジュースで作ったもの。

コツ・ポイント

ペクチンは約100℃以上になると分解するらしいので、なるべく高温にならないようにする。でもなるべく短時間で煮たい。砂糖を入れて長時間熱すると色が濃くなるので、ぎりぎり最後に入れます。果汁が多ければジェリー部分が多くなります。

このレシピの生い立ち

実家になっている黄色の夏みかん。いつも果肉を入れてマーマレードを作るときに、オレンジ色になってしまうのが少し悲しく、色を生かしたマーマレードになるように工夫しました。それと普通に食べた後の皮と袋とジュースでもマーマレードが出来ることを発見!
レシピID : 772827 公開日 : 09/03/31 更新日 : 11/04/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」